ぶらり探蝶記

2打席連続三振

6月17日 羽化直後のヒサマツミドリシジミ観察のため、今週は一人で滋賀県の深い渓谷に向かう。フリークの会メンバーから当地では少し早いのではないかとの意見もあったが、出ていれば正に羽化直であろうと空振り覚悟で探索を開始する。林道脇のウラジロガシをしらみつぶしに探して回るが、全く姿を見ない。ゼフはウラクロが3頭、アカシジミが2頭のみ。イチモンジチョウやミスジチョウ、ウラギンヒョウモンなどが花の周りを飛び交う。あきらめかけた午後3時、20mほど先のウラジロガシの樹冠で緑色の輝きを発見する。ゼフ♂が、誇らしげに開翅していたのだが、カメラの準備に手間取り撮影のチャンスを逃す。ヒサマツであろうと推定するが、種も同定できず。今週も羽化直後の個体の観察の難しさを実感する。

ヒオドシチョウ
f0211980_23205644.jpg


ウラギンヒョウモン
f0211980_23212338.jpg


アカタテハ
f0211980_23214177.jpg


テングチョウ
f0211980_23221912.jpg


イチモンジチョウ
f0211980_23225411.jpg


トラフシジミ
f0211980_2323167.jpg


ヒカゲチョウ
f0211980_23233751.jpg

[PR]
# by temenos | 2017-06-19 23:27 | 2017年 | Comments(0)

証拠写真な一日

6月10日 前日から兵庫入り、朝6時にピックアップしてもらい但馬に向かう。目的は羽化直後のヒサマツミドリシジミの観察。渓谷のウラジロガシを叩いて回るも姿なし。場所を大きく変え、稜線のウラジロガシを叩いて回るもここも姿がない。両箇所とも前年秋に産卵が確認された場所。やや時期が早かったのか?仕方なく山頂部に向かい、フジミドリを探すもスレたウラクロとアカシジミを確認したのみ。じっとブナを見上げて待ったり、探し回ってみたり。ようやくフジミドリの♂が1頭姿を見せるも、止った場所が遠く高いので証拠写真のみ。最初に見つけたウラクロも角度悪く、証拠写真のレベル。昼過ぎに諦めて場所を移動し、次の撮影に向かう。天候はまずまず、じっと主役の登場を待つが、2回ほど通り過ぎて行っただけで撮影のチャンスは全くなし。タイミングなのか、日頃の行いのせいなのかわからないが、全て裏食った感じの一日であった。まぁ、自然が相手だから当然こんな日もある。


ウラクロシジミ
f0211980_224441.jpg


アカシジミ
f0211980_22441976.jpg


フジミドリシジミ
f0211980_22451133.jpg


ツバメシジミとベニシジミ
f0211980_22454288.jpg


ツバメシジミ
f0211980_22455763.jpg


ムラサキシジミ
f0211980_22461534.jpg

[PR]
# by temenos | 2017-06-10 22:47 | 2017年 | Comments(0)

清涼

6月4日 とある種の今後の調査の事もあって、岐阜・滋賀の県境付近を探索してみる。渓谷沿いではあちこちでミツバウツギやアザミが咲き誇っている。快晴だが、風が強く気温が低いせいなのか、見かける蝶の種、数とも非常に少ない。山里ではウスバシロチョウをチラホラ見かける程度。クロ系アゲハはクロアゲハとカラスアゲハ、モンキアゲハを見かけたくらい。サカハチチョウはボロの1頭のみ。イチモンジセセリ初見。仕方ないので休業中の宿泊施設横の空き地でモンキチョウと戯れる。西濃から滋賀県北部をぐるっと一周して、環境はそこそこ理解できたが、果たしてこれからの成果は如何に?

クロアゲハ
f0211980_2216812.jpg


以下 モンキチョウ
f0211980_22163647.jpg

f0211980_22165074.jpg

f0211980_2217947.jpg

f0211980_22172874.jpg

f0211980_22174213.jpg


ショウジョウトンボ
f0211980_22175820.jpg


琵琶湖
f0211980_22181482.jpg

[PR]
# by temenos | 2017-06-05 22:21 | 2017年 | Comments(0)