ぶらり探蝶記

秋高し

9月23日24日 両日ともヒサマツフリークの会メンバーと但馬にヒサマツミドリシジミの産卵行動の観察に向かう。23日は、天候がはっきりせず晴れたり曇ったり。稜線の産卵場所でのヒサマツは不活発。晴れるとウラジロガシの枝先をチラチラ飛び、産卵行動を見せる。観察していた一本のウラジロガシには、4頭以上が飛来した。正午過ぎ、雲が厚くなったので、播磨に取って返しウラギンスジヒョウモンの観察に向かう。生息地ではサワヒヨドリ、オミナエシ、ツリガネニンジン、ワレモコウ、萩などが咲き誇り、里山の景観を彩る。ウラギンスジヒョウモン、メスグロヒョウモン、ツマグロヒョウモン、ツバメシジミ、ルリシジミ、モンシロチョウ、キタキチョウ、イチモンジセセリなどが飛び交い当に秋真っ盛り。夜はフリークの会メンバーと酒を酌み交わして今後の活動の打ち合わせを行う。24日、昨日と同じ但馬の稜線に向かう。朝から青空が広がり、風弱く絶好のヒサマツ♀日和。現地には、9時過ぎに到着、早速ヒサマツ♀が飛び出すが、昨日と打って変わり、飛翔のスピードが速い。しかし、活動したのは一瞬だけで、何も飛ばない時間が過ぎていく。昨日より、はるかに条件がよいのに不思議なものである。11時過ぎからようやく活発に飛来するようになる。休眠芽に腹部を押し付け、産卵しているようであったが、実際に産卵したかどうかは確認できず。昨日と同じ個体も数頭確認する。2時過ぎ、本日も雲が厚くなり撤収する。

ヒサマツミドリシジミ♀
f0211980_22093327.jpg
f0211980_22100147.jpg
f0211980_22103699.jpg
f0211980_22114280.jpg
f0211980_22122616.jpg
f0211980_22130821.jpg
f0211980_22151700.jpg
f0211980_22160242.jpg
f0211980_22163518.jpg

ウラギンスジヒョウモン♀
f0211980_22170780.jpg
f0211980_22175304.jpg
f0211980_22183383.jpg

メスグロヒョウモン♀
f0211980_22190383.jpg


[PR]
# by temenos | 2017-09-24 22:22 | 2017年 | Comments(4)

信州の夏

夕日に浮かぶ松本城
f0211980_20461850.jpg
8月11日12日 毎年恒例になった夏の信州家族旅行。乗鞍高原、美ヶ原、松本市内と巡る。残念ながら天候は曇りがち。美ヶ原では通り雨だったが、大雨でずぶぬれになる。それでも、合間合間にそこそこの蝶と出会う。撮りたかったマツムシソウとクジャクチョウの写真は今年も撮れなかった。

ミドリヒョウモン♂
f0211980_20522548.jpg

アカセセリ♂
f0211980_20531728.jpg

コキマダラセセリ♀
f0211980_20533914.jpg

ヒメシジミ♀
f0211980_20525366.jpg

ウラギンヒョウモン♀
f0211980_20540432.jpg

キベリタテハ
f0211980_20552890.jpg
f0211980_20575348.jpg

クロツバメシジミ♂
f0211980_21005658.jpg
f0211980_21011736.jpg

コムラサキ♂
f0211980_20542950.jpg


イチモンジセセリとサギソウ(8月19日 豊田市)
f0211980_21013695.jpg





                          


[PR]
# by temenos | 2017-08-21 21:11 | 2017年 | Comments(2)

実り多き日

8月5日 深夜の時間帯から北アルプスに向かう。狙いは真夏の深山と高原の蝶。6時前に最初のポイントに到着、先行者はいない。当地の天気予報は曇りであったが、どうやら予報は外れてピーカンの様相。急な斜面の上部に朝日が当たり始め、日が昇るとともに日照箇所が斜面を降りてくる。周辺が光に包まれると同時にジョウザンミドリシジミのテリ張りが始まる。この場所ではいつもの事、さすがにスレ個体ばかりであるが元気に飛び回り、メスアカのように延々と卍を繰り返している。お目当ての一つであるコヒオドシが、オオゴマシジミより先に登場する。本日、このポイントに採集者は来ず、たった?5名の撮影者でオオゴマシジミの飛来を待つ。8時、ようやく1頭のオオゴマシジミが現れ、賑やかしい撮影会が始まる。8時50分頃、もう1頭が飛来し、見えない箇所で絡んだと思ったら、瞬く間に交尾が成立していた。50分程で交尾は解け、♂は飛び去ったが、残った♀の開翅を、これまたみんなで賑やかしく撮影し、満足感と共にゴマシジミのポイントへ向かう。天気はさらに良くなっていく。曇り空の下で、しっとりとしたゴマシジミの開翅を撮影するという目論見の達成が難しくなる。やはり、ゴマシジミは飛び回るばかりであったが、幸運にも産卵中の♀に求愛する青い♂を撮影することができた。ムモンアカシジミは発生し始めなのか数が少ない。ヒョウモンチョウは、さすがにスレ個体ばかりで撮影意欲が湧かない。この他、アカセセリ、スジグロチャバネセセリ、エルタテハ、オオミスジ、ホシミスジなど多くの蝶を見かけた。久しぶりに旧知の撮影仲間とも楽しい時間を過ごすことが出来、今年一番の充実した1日であった。



コヒオドシ
f0211980_19170463.jpg

オオゴマシジミ
f0211980_19203185.jpg
f0211980_19212771.jpg
f0211980_19215386.jpg
f0211980_19221656.jpg
f0211980_19223765.jpg
f0211980_19225291.jpg

エルタテハ
f0211980_19233696.jpg

ジョウザンミドリシジミ
f0211980_19235676.jpg

ゴマシジミ
f0211980_19241885.jpg
f0211980_19243970.jpg
f0211980_19245309.jpg
f0211980_19250967.jpg


ムモンアカシジミ
f0211980_19252418.jpg

スジグロチャバネセセリ
f0211980_19254246.jpg

アカセセリ
f0211980_19260264.jpg
f0211980_19261869.jpg

オオミスジ
f0211980_19263990.jpg

ホシミスジ
f0211980_19265310.jpg






[PR]
# by temenos | 2017-08-07 19:34 | 2017年 | Comments(4)