ぶらり探蝶記

春の円山公園~シロチョウ科2種~

5月23日 天候もよくジョウザンシジミやアカマダラの撮影にでかけようと思ったが、前日のアポイ登山の筋肉痛と家族の白い目が気になって躊躇。しかたなく午前中に家庭の所用をすませて、円山公園へ散策に出かけた。公園内を飛んでいる大きめの白い蝶はほとんどがオオモンシロチョウだと思われる。ツマキチョウの♀のように小さく、せわしなく羽ばたいて飛んでいるのはエゾスジグロシロチョウ。もっとも自分にはスジグロシロチョウとエゾスジグロシロチョウの正確な判別はできないので、小さなのはエゾスジグロと勝手に判定しているだけ。ただ、本州で見ていたスジグロシロチョウとは明らかに大きさが異なる。栗山ファーブルの森で見たときも、最初はツマキチョウの♀と思って追いかけた。公園内ではルリシジミ、エルタテハ、シータテハを見る。 (各画像はクリックすると拡大表示します。)

オオモンシロチョウ♂  前表翅の黒斑がモンシロチョウとは大きく異なる。↓
f0211980_20321535.jpg


オオモンシロチョウ  後翅裏面はモンシロチョウと比べると黒点が多く薄汚れた感じを受ける。↓
f0211980_20322968.jpg


エゾスジグロシロチョウ  北海道産の本種春型は小型との記載があるが、実際ツマキチョウと間違うくらい小さい。↓ 
f0211980_20324181.jpg

[PR]
by temenos | 2010-05-23 20:32 | 2010年