ぶらり探蝶記

季節の移ろい~新緑の定山渓~

5月30日 ジョウザンシジミ・アカマダラを求めて新緑の定山渓(豊平峡)を訪ねた。札幌市内は八重桜が満開、周辺の山々は雪崩落ちるような新緑がすがすがしく、山頂付近は残雪が美しい。定山渓に入るとエゾハルゼミの大合唱で、本州の人間にとっては残雪・桜・新緑・セミとなんとも季節感がわかない組合わせである。関東南部では3ヶ月かけて進む季節の歩みが北海道は一気にやってくる。春から初夏にかけて、たくさんの生命が爆発したような感じである。1週間ほど前の情報であるが、林道入り口にはヒグマ出没注意の立て札書きがあり、一人で山に入ることもあって少し緊張がはしる。林道沿いはエゾスジグロシロチョウ・クジャクチョウ・シータテハが多い。前方から飛来した小さな赤い蝶、アカマダラである。ベニシジミと見間違うほど小さい。残念ながらすばやく渓谷へ飛び去られて撮影できず。キバリタテハ・コツバメと撮影するが、5月末でコツバメである。しかし、北海道では普通のことらしい。エゾハルゼミの合唱の中でのコツバメの撮影とはなんとなくしっくりこない。ヒグマを気にしながらジョウザンシジミを探したが発見できなかった。途中、羽化直後のエゾハルゼミを発見、撮影する。 (各画像はクリックすると拡大します。)

キベリタテハ  林道上を滑るように滑空し、日光浴していた。 ↓
f0211980_174281.jpg


コツバメ  林道の一角で3頭がテリ張りを行っていた。↓
f0211980_1744381.jpg


エゾハルゼミ  関東南部では6月中旬から鳴いていたように記憶している。羽化直後の♀と抜け殻。↓
f0211980_1745830.jpg


シラカバの新緑  青空と新緑とセミの不思議な組み合わせ。↓
f0211980_1752113.jpg

[PR]
by temenos | 2010-05-30 17:09 | 2010年 | Comments(2)
Commented by himeoo27 at 2010-06-03 21:06
「キベリタテハ」は大好きな蝶の1種ですが、いまだ接写に成功していません。今年は何とかキチンと撮影したいものです。
↓の「チャマダラセセリ」始め北海道の固有種を指をくわえて羨ましく眺めました。
Commented by temenos at 2010-06-04 19:49
himeoo27さん、いらっしゃいませ。押し売りみたいに押しかけたのに早速訪問いただきまして感謝いたします。北海道にいる間は固有種を中心に北国の様子をお届けできたらと思っています。