ぶらり探蝶記

北海道特産種~定山渓のジョウザンシジミ~

6月10日 所用で有給休暇をとったが予定外に早く終わり、それならばと定山渓に出かけた。まずは、八剣山でジョウザンシジミを探した。山頂まで登山したが、発生場所もよくわからず見つからない。500m足らずの山だが、山頂付近は目もくらむ断崖絶壁で幅1mもないナイフエッジの尾根筋である。剣岳をはじめ本州のアルプスを数々登頂してきたが、久しぶりに足がすくんだ。気をとりなおして、定山渓(豊平峡)へ向う。歩き出してほどなく、足元をちらちら飛ぶヤマトシジミほどのジョウザンシジミを発見。崖で食草のある場所にはかなりの個体数が飛んでいる。東京近郊の公園を飛ぶヤマトシジミ状態である。あまりに普通にいるのでちょっと拍子抜けするくらいである。10日前に来たときは、全く姿も見えなかったのに今日はスレ個体も多い。ここ1週間くらいで一気に発生したようだ。かなりの確率で羽化不全もいる。札幌近郊のジョウザンの♂は黒っぽいと聞いていたが、十勝地方にいるような青い個体も散見する。林道脇のミズナラの幼木でゼフ類の幼虫を見つけたが、種類が同定できない。クジャクチョウはだいぶ少なくなったが、キベリタテハは相変わらず多く、ミヤマカラスアゲハを盛んに追尾飛行している。帰り際にサカハチチョウを撮影する。 (各画像はクリックすると拡大します。)

ジョウザンシジミ  オレンジのラインが美しい。ヤマトシジミほどの大きさである。↓
f0211980_19423520.jpg


ジョウザンシジミ  花の終わったタンポポで吸蜜する。飛翔能力もヤマトシジミと同じくらい。↓
f0211980_1942475.jpg


ジョウザンシジミ 十勝地方にいるような青い♂↓
f0211980_19425987.jpg


ジョウザンシジミ ♀の表翅、黒地にブルーの斑紋。クロツバメシジミのような渋さがある。↓
f0211980_1943996.jpg


サカハチチョウ 春型の♂↓
f0211980_19432021.jpg

[PR]
by temenos | 2010-06-10 19:48 | 2010年