ぶらり探蝶記

北海道特産種~ヒメウスバシロチョウ~

6月12日 朝から快晴、ヒメウスバシロに行こう!長男を引き連れて自宅から車で10分程の藻岩山スキー場へ出かける。スキー場下部のゲレンデにはツルフジバカマが多く、ひょっとしてと思うまもなく、小型の弱弱しい蝶が。ヒメシロか?と思ったがエゾヒメシロチョウだった。ゲレンデ下部にはオオモンシロ・モンキチョウばかり、ゲレンデ上部の急斜面まで登るとフワフワと優雅に飛ぶ白い蝶、ヒメウスバシロである。花が少なくなかなか止まらない。急斜面をあたふたと登ったり降りたりでなんとか撮影する。かなりの個体数がいるが、不思議とゲレンデ下部には全くいない。ウスバシロが頭と胸の間に黄色いえりまきがあるのに比べてヒメウスバシロはこのえりまきが白く質素な感じで、清楚なお嬢様といったところか。藻岩山山頂ではナミアゲハ・キアゲハ・ミヤマカラスアゲハが追尾飛行を繰り返す。ボロボロのミヤマセセリが3頭、陽だまりでテリ張りをしていた。藻岩山頂からの眺望は素晴らしく、白樺の周りをキベリタテハがすべるように飛んでいく。札幌の街並みと白樺を背景にキベリタテハを撮影したくなり、粘ったが失敗に終わる。今度はゼフの季節に訪れたい。 (各画像はクリックすると拡大します)

ヒメウスバシロチョウ ヨモギに止まる、前胸部の体毛が白く清楚な感じを受ける。↓
f0211980_2138687.jpg


ヒメウスバシロチョウ  吸蜜花が少なく、なかなか止まらない。↓
f0211980_21381888.jpg
    

ヒメウスバシロチョウ 飛翔はウスバシロチョウとほとんど同じ。優雅にふわふわ飛んでいる。↓
f0211980_21383328.jpg


エゾヒメシロチョウ 表翅を撮ろうと思うと飛翔写真しかない。白とび気味だがなんとか1枚。↓
f0211980_21385249.jpg


サカハチチョウ こちらは閉翅、芸術的?な模様であると思う。↓
f0211980_2139361.jpg

[PR]
by temenos | 2010-06-12 21:39 | 2010年 | Comments(2)
Commented by himeoo27 at 2010-06-13 09:34
ヒメウスバシロチョウは全く見たこともない蝶です。
胸の襟巻が白、全身白一色、上品で良い雰囲気で素敵です。
Commented by temenos at 2010-06-13 22:17 x
himeooさん、コメントありがとうございます。
飛んでいる姿はウスバシロと全く同じですね。
全く見分けがつきませんが、止まると全身が
灰白色の体毛で覆われているので、簡単に
わかります。自宅から10分のところで、たくさん
飛んでいてビックリします。