ぶらり探蝶記

北海道特産種~エゾシロチョウ~

6月19日 手稲山から銭函を散策してきた。曇り勝ちだったためか、手稲では蝶は少ない。銭函は見事な柏の防風林である。まだ早いのかカバイロシジミは姿を見せなかったが、ギンイチモンジセセリが出迎えてくれた。手稲も銭函もこれからの季節に備えての下見も兼ねていたので、まぁ納得といったところ。札幌の街中でエゾシロチョウが舞いだした。生きたエゾシロチョウを見るのは初めてだが、想像以上に大きく優雅である。幼虫や蛹の気色悪さからは想像できない。街路樹や公園の樹木の廻りをフワフワ飛んでおり、いたるところで見かける。大都市の街路樹周辺を飛ぶ大型の白い蝶、これも札幌の初夏の風物詩なのだろう。 (各画像はクリックすると拡大します)

エゾシロチョウ 陽が傾きかけた頃、シロツメクサに止まる。翅脈の黒線がはっきりしており、静止していると、なんとなく硬い印象を受けるが飛び出すとフワフワと優雅である。↓
f0211980_21493240.jpg


エゾシロチョウ 北海道特産種だが、わざわざ探しにいかなくても街中にもたくさん飛んでいる。↓
f0211980_2149465.jpg


ギンイチモンジセセリ 銭函海岸で撮影。石狩浜にいるとは知らなかったので発見時は少し嬉しかった。↓
f0211980_2150764.jpg


コチャバネセセリ 全国的に普通種。今年初見なので掲載しとこう。↓
f0211980_21504753.jpg


ベニシジミ もっと全国的に普通種。目の前で交尾成立。こうやってみるときれいな蝶である。↓
f0211980_21505945.jpg

[PR]
by temenos | 2010-06-19 21:51 | 2010年 | Comments(2)
Commented by himeoo27 at 2010-06-20 15:05
ベニシジミを見つけるとついシャッターを押してしまうヒメオオですが未だ交尾シーンには遭遇しておりません。これで数が少ないと皆で必死に追いかけるのでしょうね!
Commented by temenos at 2010-06-20 16:04 x
himeooさん、コメントありがとうございます。
ベニシジミは撮影対象が少ない時に助けてもらうことがおおいですね。おっしゃるとおり、希少種だと絶賛される色合いではないかと思います。