ぶらり探蝶記

夏の到来~札幌市南区の林道から~

6月26日 所用で北海道を訪れていた「相模の蝶を語る会」のH氏とともに札幌市南区の観音沢林道と一の沢林道を訪れた。第1の狙いは発生初期であろうオオイチモンジである。観音沢林道入り口ではアカシジミがひっそりと下草に止まっていた。今年初見であるが、北の大地もいよいよゼフシーズンの到来である。林道をさらに進む。ミスジチョウ・ギンボシヒョウモンと今年初見の蝶が続くが、お目当てのオオイチは一向に姿を現さない。1kmほど進むと林道沿いの樹木が大きく伐採されている。これはダメかと引き返しだした直後、林道上に大型の黒い蝶、オオイチモンジだ。発生初期の美麗な個体である。この林道ではこの1頭のみであったが、次の一の沢林道では5頭以上目撃できた。林道上はヒメウスバシロチョウ・トラフシジミ・ミヤマカラスアゲハ・ヒメウラナミジャノメ・キマダラヒカゲ・クロヒカゲ・エゾシロチョウ・コチャバネセセリなど春から夏の蝶が混在して飛んでいる。これにまだ残っている越冬明けのキバリタテハ・シータテハ・クジャクチョウなども混じってにぎやかだ。さらに林道沿いのホソバイラクサにはクジャクチョウの幼虫の集団がいる。真夏日を観測した今日、2つの林道をはしごして疲れた体を定山渓温泉でリフレッシュし帰路についた。 (各画像はクリックすると拡大表示します。)


アカシジミ ミズナラ林の下草にひっそりとたたずみ、夕刻の活動にそなえる。「さあ、ゼフシーズンの始まりだよ」といっているようで嬉しい初見である。↓
f0211980_20452566.jpg


ギンボシヒョウモン 30度を越えたこの日、木漏れ日を受け葉上で休む。↓
f0211980_2045388.jpg


ミスジチョウ 林道上で多くの個体が吸水していた。↓
f0211980_20455037.jpg


オオイチモンジ 本州では高山の蝶であり、わざわざ信州の山奥まで出かけないと会うことは出来ない。この美しい風格ある蝶が自宅から30分のところにいるのが信じられない。↓
f0211980_2046070.jpg


オオイチモンジ 見る角度によって後翅表面のブルーの輝きが違う。発生初期であるため、どの個体も非常に新鮮である。↓
f0211980_2046947.jpg

[PR]
by temenos | 2010-06-26 20:46 | 2010年 | Comments(2)
Commented by himeoo27 at 2010-06-27 08:25
オオイチモンジ「カッコ」良いなあ~!
昨年は上高地で♂の個体にやっと出会えました。今年は♀に会いたいです。
Commented by temenos at 2010-06-27 22:02 x
himeooさん コメントありがとうございます。
オオイチ素晴らしいです。この日は出始めに当たったようでした。
♀は残念ながら、見つけられず。やはり♀を撮りたいですね。