ぶらり探蝶記

仰天の邂逅~チョウセンアカシジミ~

6月27日 リンゴシジミを求めて散策中に少しでも情報をもらおうと、ある施設(今日は施設名は伏せておきます)に向っていたところ、施設に通じる道路脇をチラチラ飛ぶオレンジ色の蝶。あっ、アカシジミだ!最初はそう思った。とりあえず、撮影しておこうと近づいてビックリ。鮮やかなオレンジに濃い朱色と白の縁取り、なんとチョウセンアカシジミ!!大慌てで撮影し、落ち着いて道路の周りを見渡したら、反対側のデワノトネリコに何頭も止まっている。なかには産卵している個体もいる。何なんだ?これは。施設でこのことを伝えると「ああチョウセンアカか、放し飼いにしているから」と驚く返答がきた。生まれて初めて見るチョウセンアカシジミは想像以上に鮮やかで美しく、いっぺんで虜になってしまったが、反面「これでいいのか?」とかなり複雑な思いである。  (各画像はクリックすると拡大します)   


チョウセンアカシジミ 鮮やかなオレンジに濃い朱色と白い縁取り、素晴らしく美しい蝶である。↓
f0211980_22436100.jpg


チョウセンアカシジミ ♂が一瞬開翅したのが偶然ヒットした。シャッタースピードが足りずにぶれているが、雰囲気は摑んでいただけると思う。↓
f0211980_22432615.jpg


チョウセンアカシジミ  デワノトネリコの葉上で隠れるように休む。緑の葉とのコントラストもきれいである。↓
f0211980_22433856.jpg


チョウセンアカシジミ 地上1mの幹に産卵する♀。卵は2卵確認できる。↓
f0211980_22434825.jpg


フタスジチョウ ヒメジオンで吸蜜する。コミスジほどの大きさである。↓
f0211980_23385915.jpg


ヒメシジミ 少し標高のある草原の蝶のイメージであったが、撮影地は低標高地の児童公園である。↓
f0211980_23404826.jpg

[PR]
by temenos | 2010-06-27 22:43 | 2010年