「ほっ」と。キャンペーン

ぶらり探蝶記

道東の夏~蝶のいる風景~

7月17日~19日 3連休を利用して、阿寒湖~別海~知床~網走と旅行をしてきた。蝶の目標は道東のイシダシジミとカラフトルリシジミの2種。残念ながら2日目午後から天候が崩れ、目標の2種とも撮影できなかったが、北海道らしい雄大な自然を満喫できた。摩周湖を背景にした蝶の写真、羅臼岳や国後を背景にしたカラフトルリシジミの写真は、来年の課題としてとって置きましょう。天候がよくなくても、走行距離1000kmオーバーが、あまり苦にならないほど感動が味わえる夏の道東であった。 (各画像はクリックすると拡大表示します)


コヒオドシ  雄阿寒岳と阿寒湖を背景にハマナスで吸蜜する。北海道らしい風景である。↓
f0211980_2043478.jpg


ギンボシヒョウモン 雄阿寒岳が背景だが、湖は角度から写しこめなかった。↓
f0211980_20442129.jpg


ミドリヒョウモン 阿寒湖畔の林道脇で吸蜜するミドリヒョウモンの♀。↓
f0211980_2047334.jpg


ゴマシジミ 別海町の農場脇にて。イシダシジミと思って必死に追いかけ、止まった蝶をみると・・・。↓
f0211980_20471246.jpg

[PR]
by temenos | 2010-07-20 20:47 | 2010年 | Comments(2)
Commented by himeoo27 at 2010-07-20 22:15
広角で背景も撮り込んだ素晴らしい写真の連続ですね!
まだ全くチョウに興味の無かった36年前「摩周湖」の近くで多数のゼフィルス(種名は全く分かりません)が目の高さで卍巴飛行を始めメタリックブルーの乱舞に大感激したことを、つい昨日のように思い出しました。
Commented by temenos at 2010-07-22 00:09 x
himeooさん、コメントありがとうございます。広角写真は経験が少なく、これからしっかり勉強していきたいと思っています。