ぶらり探蝶記

照葉樹林の煌き~キリシマミドリシジミ~

8月7日 東京出張を利用してキリシマミドリシジミの開翅写真に今年もチャレンジした。タイトルとは裏腹に今年も惨敗であった。箱根のポイントは発生数も少ないようで、絶好のコンディションであるにもかかわらず、見かける頭数が非常に少ない。1度、目前3mで2頭の卍飛翔があったが、なんとかキリシマミドリ?といえるような証拠写真にもならないようなクズ写真がようやく撮れた程度であった。もともと飛ぶ位置が高い、止まらないで撮影困難な蝶ではあるが、発生数がこんなに少ないとチャンスさえめぐってこない。昨年から卵の確認数が少なく、不作ではとの予想が見事に的中してしまった。本来なら絶対にアップしないのであるが、とりあえず証拠としてアップすることにした、お恥ずかしい限りである。 (各画像はクリックすると拡大表示します)

キリシマミドリシジミ  300mmで撮影してもこんな感じ、下からの撮影でもあり裸眼では探すのに苦労する。↓
f0211980_22461097.jpg


キリシマミドリシジミ 思いっきりトリミングでもこんな感じ、おまけにピンも甘くキリシマでなければゴミ箱行きである。↓
f0211980_22462056.jpg


キリシマミドリシジミ  ♂の裏面はご覧のように白く目立つように思われるが、アカガシの葉に止まるとアカガシの葉の太陽光の反射と区別がつかなくなる。これも保護色なのだろうか。↓
f0211980_22463087.jpg


ジャノメチョウ  クヌギで樹液を吸汁していた。↓
f0211980_22463820.jpg

[PR]
by temenos | 2010-08-08 22:46 | 2010年