ぶらり探蝶記

2010年未掲載種~No.2~

2回目は8月7日(一部)までに撮影した5種をアップする。 (各画像はクリックすると拡大表示します)

イチモンジチョウ (7月3日 層雲峡) 廃止になった車道のコンクリート壁で吸水する。↓
f0211980_233429.jpg


クロヒカゲ (7月4日 上川町) リンゴシジミ探索時にスモモの木の下草に止まる新鮮な個体。↓
f0211980_2335344.jpg


キバネセセリ (7月11日 小樽市銭函) たたき出すとゼフに混じって飛び出した。なんとも分厚い感じのする蝶である。↓
f0211980_2341396.jpg


オナガアゲハ (8月7日 神奈川県箱根) 芦ノ湖深良水門にて、暑さを避けて林道内で休止する。↓
f0211980_2343747.jpg


コミスジ (8月7日 神奈川県箱根) 神奈川ではあんなにいた普通種なのだが、北海道では見かけなかった。↓
f0211980_234431.jpg

[PR]
by temenos | 2010-12-25 23:12 | 2010年 | Comments(2)
Commented by tyoutorin at 2010-12-26 19:21
コミスジは北海道の寒冷地では年1回の発生のようですね。だから会いにくいのでしょうか。キバネセセリ、オナガアゲハ、クロヒカゲどれもいいですね。
Commented by temenos at 2010-12-27 00:00 x
tyoutorinさん、とうとう北海道ではコミスジには会えませんでした。イチモンジチョウも見たのは掲載した一回だけでした。そのかわりといっては何ですが、フタスジチョウは神奈川のコミスジ並みにいますし、ミスジチョウも沢山見かけました。