ぶらり探蝶記

崖を舞う小さな青い妖精~ジョウザンシジミ~

5月31日 朝から熱発で会社を休み休養していたのだが、10時前に測ると平熱。で、外を見ると快晴で、こうなると悪い虫がうずいてくる。ジョウザンシジミは車横付けポイントだから大丈夫などと勝手な理由をつけてフィールドへ向う。八剣山のポイントでは、ミヤマセセリ・トラフシジミが飛び、エゾハルゼミの合唱がにぎやかである。採集者2人、撮影者1人がすでにスタンバイしており、採集者のお一人は数頭採集されていたようなのだが、ジョウザンシジミは姿を見せない。しばらくして、ようやく1頭見つけるが飛び去ってしまい撮影は叶わず。仕方なく豊平峡のポイントへ向う。やはり体がだるく、林道歩きに躊躇するが、ここまで来てはそうも言っておられないと無理やり納得して、クマ除けのベルを鳴らしながら林道を登る。林道ではクジャクチョウが多く、コツバメもあちこちでテリ張りをしている。昨年と同様の場所でキベリタテハが優雅に舞っている。林道は雪の影響で倒木が多く、かなり荒れている。ジョウザンシジミは出始めなのかほとんど♂であったが、そこそこの数は飛んでいた。崖沿いをチラチラ飛ぶ小さな青いシジミチョウ、年に一度は会っておきたいものである。100カット以上撮影し、帰宅すると再度熱発しダウンする。まぁ天罰覿面とはこのことであろう。 (各画像はクリックすると拡大表示します)


ジョウザンシジミ  タンポポで吸蜜。何度見ても後翅裏面のオレンジがきれいである。↓
f0211980_2383331.jpg


ジョウザンシジミ  表翅の青みが強く、きれいな個体である。前後翅基部の毛深さを見て欲しい、やはり北国の蝶である。↓
f0211980_2385374.jpg


ジョウザンシジミ  ♀(たぶん)のV字開翅。↓
f0211980_239628.jpg


ジョウザンシジミ  小枝上で開翅。↓
f0211980_2392640.jpg


ジョウザンシジミ  上記個体を別角度で。↓
f0211980_2393552.jpg


ジョウザンシジミ  黒みが強い個体、ジョウザンシジミは個体差が大きく面白い。↓
f0211980_2394488.jpg

[PR]
by temenos | 2011-05-31 23:09 | 2011年 | Comments(8)
Commented by ごま at 2011-06-01 00:19 x
ジョウザンシジミ撮影素晴らしいですね。
写真にしたことがないので、是非撮りたいです。
私の行く7月上旬では、端境期ですかね。
むかし何度か飼育しました(小さな植木鉢があると、世話いらずでした)。
Commented by himeoo27 at 2011-06-01 21:45
ジョウザンシジミは皆さんの写真でしか見たことがありませんが、表も裏も翅の模様がとても特徴的なので、撮影意欲を掻き立てられます!
Commented by temenos at 2011-06-01 22:23 x
ごまさん、コメントありがとうございます。
ちらちら飛んでいてもすぐに止まるし、撮影しやすい蝶ですね。
ただ、天候にもよると思いますが、晴れているとなかなか全
開翅してくれないですね。ごまさんがお越しになる時期は
大雪周辺ならまだ春型が残っているかもしれないです。
Commented by temenos at 2011-06-01 22:26 x
himeooさん、コメントありがとうございます。ジョウザンシジミはポイントでは結構たくさん飛んでいます。時期さえ間違えなければ撮影は容易です。また、個体差が大きいように感じますし、見ているだけでも面白い蝶ですよ。是非、一度北海道にもお越しください。
Commented by tyoutorin at 2011-06-03 21:52
ジョウザンシジミに合いたいものだと思っているだけで行動が伴いません。臨場感のある素敵な写真で楽しませていただきました。
Commented by temenos at 2011-06-04 20:49 x
tyoutorinさん、コメントありがとうございます。
ジョウザンシジミはヤマトシジミくらいの大きさですので、
写真にしないとよくわからないこともありますね。
可愛い蝶ですので、是非会いにいらしてください。
Commented by ponta_xx at 2011-06-04 21:48
ジョウザンシジミ、息をのむ美しさですね♪(^_^)
Commented by temenos at 2011-06-05 21:22 x
ponta_xxさん、こんばんは。
ジョウザンシジミ、ぱっと見はよくわからないですが(小さいので)
写真に撮ってよくみると味わい深い蝶だと思います。
中にはきれいな青い個体もいますね。