ぶらり探蝶記

演舞は準備中?~ゼフの季節は開店直後~

7月9日 神奈川から遠征中である【暖蝶寒鳥】蝶にあいたい/鳥にあいたいのごまさんと嗚呼っっ、今日も証拠画像のdaronさんと3人で、銭函と百松沢を探索した。狙いの中心はもちろんゼフ達、うまくすればカシワ喰いのゼフ全種とアイノやメスアカなど10種は撮影できるのでは!!とのもくろみであったが、今年は大幅に発生が遅れており、カシワをたたいてもたたいてもチラホラ飛び出すのみ、銭函ではキタアカシジミとハヤシミドリシジミの撮影がやっと、おまけに強烈な日差しのため全く開翅しない。百松沢では、一番多くみられたのがなんとアカシジミ、アイノミドリシジミは1頭撮影したのみ、エゾミドリもおそらく2回の目撃、ジョウザンミドリシジミと思われるゼフは数回の目撃と寂しい限りであった。ゼフ達の競演は準備中といったところか?来週くらいからが楽しみである。 (各画像はクリックすると拡大表示します)


キタアカシジミ  カシワの葉上で日差しを避けて休む。↓
f0211980_2133163.jpg


キタアカシジミ  どこをどう飛んだのか?擦り傷だらけである。↓
f0211980_21332476.jpg


アカシジミ  林道のミズナラをたたけば多くの本種が飛び出した。季節が一週間は遅れている。↓
f0211980_2133439.jpg


ハヤシミドリシジミ  左前翅前縁のウルトラマリンブルーが煌く。↓
f0211980_21335786.jpg


ハヤシミドリシジミ  右前方から撮影、favoniusのブルーの煌きに心ときめく。↓
f0211980_2134720.jpg


ハヤシミドリシジミ  強烈な日差しを避け、カシワの葉上で休止する♂。↓
f0211980_21341424.jpg


エゾミドリシジミ  新鮮な♂なのだが、曇り空のせいか活動時間がきても全く開翅せず。↓
f0211980_21342534.jpg


チョウセンアカシジミ  詳細は秘密。↓
f0211980_21362916.jpg

[PR]
by temenos | 2011-07-09 21:44 | 2011年 | Comments(6)
Commented by himeoo27 at 2011-07-10 08:07
ゼフは関東平地6種+α<10種のヒメオオにとっては、↑の観察は驚きの成果です。特に前翅の隙間から覗く金属光沢の水色の輝き素晴らしいですね!
Commented by temenos at 2011-07-10 09:14 x
himeooさん、コメントありがとうございます。
ハヤシミドリ♂のマリンブルーの輝きはfaboniusの中でも一番ではないかと思っています。全開翅が撮影したかったのですが、残念でした。北海道は札幌の街中(円山公園)でもアイノ、メスアカ、エゾ、ジョウザン、ダイセンまど多く見ることができるゼフ天国だと思います。
Commented by ごま at 2011-07-12 12:49 x
大変お世話になりました。
めちゃめちゃ楽しかったです。
キタアカシジミの初見に息を呑みました。
素晴らしいハヤシブルーが覗いてますね。
早く写真の整理をしたいのですが、明日から九州出張です。来年も行きたいです。
Commented by daron3 at 2011-07-12 22:23
この度は色々お世話になりました。
キタアカシジミは 普通のアカシジミと混じっちゃうと絶対わからない気がします(汗
今回は札幌周辺のゼフは遅れ気味だったのがちょっと残念ですが、次回はタイミング合わせて行きたいです(^^
結局一番下の子に会いに行けなかったがちょっと心残りかも(汗
Commented by temenos at 2011-07-13 15:22 x
ごまさん、一日お付き合いいただきましてありがとうございました。
銭函、百松沢ともいまいちの結果になりましたが、楽しい一日を過ごすことができました。また、どこかでご一緒しましょう。
Commented by temenos at 2011-07-13 15:25 x
daronさん、一日お付き合いいただきましてありがとうございました。ハヤシの開翅、新鮮な個体で素晴らしいですね。ダイセンやウラジロは残念でした。一番下の子は来年もいるのかどうか・・・、いて欲しい気持ちが100%ですね。来年は大雪方面に是非ご一緒しましょう!