ぶらり探蝶記

霧雨に煌く宝石~円山・藻岩のメスアカミドリシジミ~

7月18日 今日も朝から曇り空である。回復するのは明日以降との予報だが、お構いなしに午前中は円山、午後からは藻岩の旭山公園を散策する。狙いはアイノ・メスアカ・ウラキンのゼフ達。霧雨の降る円山は、頂上まで登るもミズナラの樹冠で延々と卍飛行を行うジョウザンミドリシジミ(たぶん)を見たのみでウラキンは発見できず。下山し円山公園内を歩くと、雨の中、ちょっとした空間で活発に活動するゼフが目に入る。1箇所で5~6頭くらいが、追尾飛行や卍飛行を繰り返している。きらきらと金緑色が煌くメスアカミドリシジミである。比較的低いクワの木に止まるが、低くても目線の高さ、金緑色がきれいにでる見下げる角度にはとまってくれない。苦労しているうちに活動を停止してしまった。このようにメスアカがテリ張りを行う空間が円山公園内にはあちこちにある。北海道ではメスアカミドリシジミやジョウザンミドリシジミは量産型ミドリシジミであることをあらためて認識する。午後は藻岩の旭山公園を訪れる。アカシジミ、ウラゴマダラシジミ、アイノミドリシジミを見る。キバネセセリも多い。この公園の谷に架かる橋のところで多くのメスアカミドリシジミを見る。♂の1頭はなにかの排泄物に執着し、なかなか飛び去らない。♀の開翅も目撃するが、ここも目線くらいの高さでの開翅、思うような写真が撮れなかった。♂♀ともきれいな開翅写真を撮りたいものである。 (各画像はクリックすると拡大表示します)

メスアカミドリシジミ  雨にも負けずにテリを張る♂。もう少し低いところにとまってくれと何度も念じたが通じず(当たり前か!)↓
f0211980_20543825.jpg


メスアカミドリシジミ  V字開翅する、この角度だとfovoniusのような輝きになる。↓
f0211980_20544941.jpg


メスアカミドリシジミ  何かの排泄物を吸汁する。ザトウムシがちょっかいをかけても全く無視していた。↓
f0211980_2055075.jpg


メスアカミドリシジミ  閉翅する♀、メスアカの名のとおり表翅だけでなく裏面も赤みがかる。↓
f0211980_20551049.jpg


メスアカミドリシジミ  V字開翅する。全開翅のシーンもあったが、いかんせん角度が悪すぎて絵にならなかった。↓
f0211980_20551857.jpg


アカシジミ  まだここでも多く見られた。↓
f0211980_20552778.jpg


カラスシジミ  札幌では街中でも見ることができる。↓
f0211980_20553489.jpg

[PR]
by temenos | 2011-07-18 21:02 | 2011年 | Comments(6)
Commented by daron3 at 2011-07-19 16:31
今年は円山に行く時間がなかったうえ、豊平峡でも活動時間前に切り上げちゃったのでメスアカミドリシジミには会えずじまいでした(^^;
Commented by temenos at 2011-07-19 22:05
daronさん、円山で一番多いのがメスアカミドリですね。多くの市民が散歩やジョギングする傍らでキラキラ煌いて飛んでいるのは素晴らしい光景だと思います。
Commented at 2011-07-20 23:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ごま at 2011-07-21 00:19 x
メスアカ、でましたね。
とてもすばらしい写真です。
それに、オオモンシロチョウも。
来年は是非とも撮りたいです。
小生は出張(遠征)していたので写真の整理があまり進んでいません。まだ7/5の分です。

今年のオオムラサキ、凄いんですね。
Commented by temenos at 2011-07-22 22:50 x
非公開コメントさん、了解しました。
Commented by temenos at 2011-07-22 22:52 x
ごまさん、ありがとうございます。
メスアカはたくさん飛んでいますが、止まる位置がどうも・・・。
アイノは少ないですね。オオモンシロは家の前でも飛んでいます。