ぶらり探蝶記

舞台はクライマックス~ゼフ・ゼフ・ゼフ②~

7月24日 その②は♀を中心に掲載する。残念ながら交尾写真は撮れなかった。「アイノの広場」の舞台が終了してから、一の沢林道を訪れたが、ここでは林道上で吸水する多数のアイノミドリシジミやジョウザンミドリシジミなどに出会えた。オオイタドリでテリ張りしているのは時間的にオオミドリであろうか?撮影できなかったために同定できず。 (各画像はクリックすると拡大表示します)


アイノミドリシジミ  ♀はどれも不活発、下草をチラチラ飛び移る。↓
f0211980_21232416.jpg


メスアカミドリシジミ  本種♀の特徴がうまくだせたが、強烈な日差しのため発色はいまいち。↓
f0211980_21233852.jpg


エゾミドリシジミ  新鮮な個体、下草で全開翅。↓
f0211980_21234782.jpg


ジョウザンミドリシジミ  うっすらと青色がでている。↓
f0211980_21235634.jpg


ウスイロオナガシジミ  夕刻活動性の蝶であり、下草に多く見られた。↓
f0211980_21241153.jpg


オナガシジミ  発生初期で非常に新鮮な個体。↓
f0211980_21242532.jpg

[PR]
by temenos | 2011-07-24 21:30 | 2011年 | Comments(2)
Commented by ごま at 2011-07-25 22:35 x
うらやましい。花盛りですね。
アイノ、メスアカ、エゾのメスもいいですね。
オナガシジミの新鮮個体はうっとりですね。
ウスイロオナガ、下のウラミスも羨ましい。
こんな場面を夢見ていたのですが。。。
来年、再挑戦です。
Commented by temenos at 2011-07-27 22:04 x
ごまさん、今年はやはり相当遅れていたみたいですね。
ほんの20mx20mほどの空き地で10種のゼフです。
来年、タイミングがあうといいですね。