ぶらり探蝶記

小さな赤毛のロシアっ子~カラフトセセリ~

7月31日 但馬の蝶・播磨の蝶のTさんと前日から合流し、カラフトセセリの撮影に出かけた。前日は旭川に宿泊し、早朝から生息地を目指す。午前7時過ぎに現地到着、天候は曇り気温14度!山上はガスがかかり辺りは薄暗く、蝶が飛び交う状況ではない。ひざ下までびしょ濡れになりながら探索する。1箇所目、発見できず。2箇所目は刈り込まれた牧草地を探す。ようやくここで牧草地脇で静止する個体を発見、想像以上に小さい。低温のため、全く活動する気配なく、じっくりと撮影する。この後さらに2頭発見、クモの巣にかかり息絶えた個体も撮影する。気温が上がり始めると、1頭が翅を広げ始める。オレンジ色のきれいなセセリである。原産はロシアだそうであるが、ここで発生しているのはロシアから一旦北米に入ったものが日本に入ってきたらしい。チモシーという牧草の害虫であるが、牧草ゆえに、むやみに殺虫剤を使用するわけにもいかず、分布は広がりそうである。このカラフトセセリの撮影で、北海道特産種の撮影は残すところカラフトルリシジミのみとなった。 (各画像はクリックすると拡大表示します)


カラフトセセリ  最初に見つけた個体。気温低く全く動かず。↓
f0211980_23524579.jpg


カラフトセセリ  枯れたチモシーにとまる。口吻を伸ばしているが理由は不明。↓
f0211980_23525525.jpg


カラフトセセリ  少し気温が上がったためか、開翅する個体。オレンジ色のきれいな表翅が覗く。↓
f0211980_2353584.jpg


カラフトセセリ  クモの巣にかかり、息絶えた個体。クモに襲われた形跡は無い。↓
f0211980_23532455.jpg


カラフトセセリ  刈り込まれた牧草地脇のチモシーの穂に静止する。↓
f0211980_23533319.jpg


オオヒカゲ  牧草地脇の林の一画の下草で静止。この気温の中でも非常に敏感であった。↓
f0211980_23534339.jpg

[PR]
by temenos | 2011-07-31 23:56 | 2011年 | Comments(6)
Commented by himeoo27 at 2011-08-01 20:48
上から2番目の「カラフトセセリ」の毛深い横顔は哺乳類のようでカワユイですね!また、3番目のオレンジの輝きムモンアカシジミのようで、素晴らしいです。
Commented by ごま at 2011-08-01 21:06 x
カラフトセセリ撮影おめでとうございます。
素晴らしい。羨ましいです。
私も気になっていたのですが、これだけのために数時間かける余裕はありませんでした。

いよいよ、あとカラフトルリシジミだけ!!
凄いですね。
Commented by temenos at 2011-08-01 21:23 x
himeooさん、コメントありがとうございます。
初めて見たカラフトセセリは非常に小さく、そして赤いという
のが印象です。どうもロシア産などと聞くとデカイのをイメージ
してしまいます。先入観は禁物ですね。でも可愛いセセリです。
Commented by temenos at 2011-08-01 21:25 x
ごまさん、コメントありがとうございます。
カラフトセセリだけのために、札幌から3時間以上かける
根性はありませんでした。一人なら行っていないでしょう。
同行いただいたTさんに感謝です。カラルリは今年は無理
そうです。来年チャレンジですね。
Commented by daron3 at 2011-08-01 23:42
カラフトセセリ、裏面は地味目ですが、開翅すると翅表のオレンジの鮮やかさが凄いですね。
オオヒカゲは昨年栗山町で一度見たっきりです(汗
Commented by temenos at 2011-08-04 00:01
daronさん、コメントありがとうございます。
カラフトセセリは小さく、そして赤く可愛い蝶でした。
害虫のイメージとはかけ離れていました。
オオヒカゲは比較的多く見ることができますよ。