ぶらり探蝶記

知多半島一周~ヤクシマルリシジミは何処?~

9月11日 夏の日差しが残る暑い知多半島を散策した。狙いはヤクシマルリシジミである。伊勢湾口にある潮騒で有名な神島には多く生息しており、知多半島も北部まで進出しているようで、南部ならすぐにみつかるだろうと海岸沿いから中心部の樹林まで広く探索したが発見できない。食樹となっているウバメガシやテリハノイバラはあちこちで見かけるが、目的の蝶は1頭も発見できず。車がやっと通れるくらいの林道にも、せり出した草木を気にせずバシバシ入っていったが無駄に終わった(ORIXレンタカーさん、ごめんなさい)。暑さのせいなのか飛んでいる蝶も少ない。クサギの花にはクロアゲハ・モンキアゲハ・ナガサキアゲハ・ジャコウアゲハ・カラスアゲハの黒系アゲハが集まっているが、スレ・ボロがほとんどであった。林の中でテングチョウを見る。翅をたたみこみ触角を前方に伸ばして静止し、実に不活発。ウラナミシジミ初見、クズの群落上を俊敏に飛び回るが、まだ数は少ないようだ。ウバメガシの幼木とテリハノイバラが多く生えている池の土手際でヒメジャノメのペアを見る。♂♀の大きさの違いが面白い。ヤクシマルリシジミの探索に時間をとられすぎて、知多半島北部では少ししか時間が無く、第2目標であったクロクムラサキも発見できなかった。セントレアに戻り、空港内の浴場で汗を流して傷心のうちに北へ戻った。 (各画像はクリックすると拡大表示します)


ルリシジミ  いた!ヤクルリ!!と思って近づいたらルリシジミ、これを3回繰り返した。↓
f0211980_23141691.jpg


ヤマトシジミ  暑さの中でもたくさんの彼らが元気に飛び交っていた。↓
f0211980_23142383.jpg


ウラナミシジミ  敏捷に飛翔したのち、クズの葉で休止する♂。↓
f0211980_23143420.jpg


テングチョウ  飛んでもすぐに静止し、この体勢をとる。↓
f0211980_23144338.jpg


ヒメジャノメ  ♂♀の2頭が並んでとまっていた。こちらは大きめの♀。↓
f0211980_23145398.jpg


ジャコウアゲハ  強めの風に翻弄されながらクサギで吸蜜を続ける♀。↓
f0211980_2315356.jpg


チャバネセセリ  イチモンジセセリとの数の比率は3:1くらいであった。もう少し増えてくるだろう。↓
f0211980_23151432.jpg


ギンヤンマ  堤防上の一定のコースを颯爽とAir Patrolする。↓
f0211980_23152821.jpg

[PR]
by temenos | 2011-09-13 23:22 | 2011年 | Comments(2)
Commented by Akakokko at 2011-09-13 23:44 x
目的の蝶に会えないと疲れもどっと来ますよね。
それでも空港に汗を流せる場所があるなんていいですね。
ヤクルリはまだ未見なので、関西にいるうちに見たいと思っています。
ギンヤンマの飛翔、凄いですね。
先日私も兆戦しましたが、ピンぼけ続出で終わりました。^^;
Commented by temenos at 2011-09-15 21:40 x
Akakokkoさん、コメントありがとうございます。ヤクルリは簡単に撮影できると思っていたのですが・・・。難しいものですね。ギンヤンマの飛翔はヘタな鉄砲も数うちゃ・・・の内の1枚です。