ぶらり探蝶記

富士川流域の秋~ミヤマシジミとクロツバメシジミ~

10月9日 富士川流域の秋のシジミチョウたちを訪ねた。本来の目的は別にあったのだが、この時期に似合うシジミチョウたちにも会いに行ってきた。富士川流域は、いたるところに台風15号の水害の傷跡が残っており、その破壊力の凄さに驚く。ミヤマシジミの生息地も被害が甚大で、コマツナギ群落とともに生息地そのものが跡形も無く流されて、荒涼とした川原になってしまっていた。それでもわずかに残るコマツナギの周辺で、2頭のミヤマシジミが出迎えてくれた。嬉しいかぎりであるが、従来の大生息地への復活の道のりは厳しいであろう。クロツバメシジミ生息地は水害の被害なく多数の個体が元気に飛んでいた。咲き始めのツメレンゲで吸蜜する個体を撮影する。ここで年配の採集者が3人現れ、そのうちの一人は「環境調査中」と書かれた腕章をつけている。どこの団体かも記載されておらず怪しい。何の環境調査であるかと訪ねると、在来種と外来種の自然交配状況を調査しているという。クロツバメシジミと交雑の心配のある外来種などいないし、当地方では他の蝶でも交雑が考えられるものなどいない。明らかにニセ腕章を用いての大義名分を語った姑息な採集のやり方にあきれ果てる。 (各画像はクリックすると拡大表示します)


ミヤマシジミ  コセンダングサで吸密する♂。太陽が雲にかくれ不活発。↓
f0211980_20584519.jpg


ミヤマシジミ  エノコログサに静止する矮小な♂。
f0211980_20585484.jpg


クロツバメシジミ   まさしくクロツバメの名にふさわしい黒い翅表。↓
f0211980_2059421.jpg


クロツバメシジミ  咲き始めたツメレンゲで吸蜜する東日本亜種。↓
f0211980_20591345.jpg


ウラギンシジミ  林道上で日光浴する♂。
f0211980_20592275.jpg


甲斐犬  初めて出会った本物?の甲斐犬、欲しい!!↓
f0211980_20593030.jpg

[PR]
by temenos | 2011-10-10 21:06 | 2011年 | Comments(6)
Commented by himeoo27 at 2011-10-10 21:40
甲斐犬は質実剛健という感じで素敵な面構えですね!
クロツ&ミヤマシジミやっぱり静岡県も蝶影濃いいのかな?
それにしても、偽「腕章」を付けた採取者は全く困りものです。
Commented by ごま at 2011-10-10 23:21 x
ツメレンゲに停まったクロツ、素敵ですね。
今年は、行かないで終わりそうです。
腕章!そんなこともあるとは!
Commented by temenos at 2011-10-10 23:53 x
himeooさん、コメントありがとうございます。
昨日訪れたのは富士川中流より上部です。
したがって山梨県になります。
甲斐犬は想像より小さく、精悍な感じですね。
ニセ腕章の採集者、人間のあさましさを見た感じです。
Commented by temenos at 2011-10-10 23:56 x
ごまさん、ご無沙汰しております。
ツメレンゲの開花までもう少し、ギリギリで開き始めた
ツメレンゲとクロツの写真がとれました。
今回は他の蝶が主目的だったので、ツメレンゲとクロツは
嬉しいオマケでしたね。
Commented by daron3 at 2011-10-12 19:55
私も10日にクロツバメシジミを撮りに行ってきました。
運良く 採集者の方達には会わなくてすんだのですが、
(こちらはおまけでミヤマシジミでしたが(汗))
怪しい腕章つけた採集者って。。。なんとも悪質な感じがしますね(^^;
基本的に採集に関しては否定はしてないんですが、これはちょっと・・・。
Commented by temenos at 2011-10-12 22:49 x
daronさん、ご無沙汰しております。
クロツは採集禁止でもないから、節度を持って採集される分には
反対もしませんが、ウソはいけないですね。