ぶらり探蝶記

新緑と花の季節~豊平峡散策~

5月13日 昨日は道東では積雪を記録するほどの寒波、札幌は晴れてはいるものの気温は14度程度である。気温は低いが、まばゆい5月の太陽に誘われて豊平峡を訪ねる。ここでは桜が満開、林床ではまだエゾエンゴサクやカタクリが咲いている。シラカバは芽吹きの時、新緑と桜のコントラストが美しい。林道脇の小さな水路にはエゾサンショウウオの卵が多い。林道を歩き始めてすぐに出迎えてくれたのはスギタニルリシジミ、数頭が湿地で吸水している。コツバメは数を増しており、あちこちで追尾飛翔を繰り返す。おなじみの春の光景である。今日は越冬タテハをあまり見かけなかった。ジョウザンシジミのポイントではキリンソウが芽をだしている。エゾハルゼミが鳴きジョウザンシジミが群れ飛ぶまであと少し、命の爆発のような季節に向けて歩みは加速していく。 (各画像はクリックすると拡大表示します)


スギタニルリシジミ  林道の小さな水路脇で鳥の糞から吸汁する。↓
f0211980_2185640.jpg


スギタニルリシジミ  全開翅というか、たまたま飛び立つ瞬間が撮れただけ。葉かぶりしてるけど、偶然なので文句いっても・・・ね。↓
f0211980_219683.jpg


スギタニルリシジミ  ジョウザンシジミのポイントで。尾根一つ越えると全く見かけない所もあるが、ここでは多く飛び交っている。↓
f0211980_2191582.jpg


コツバメ  まだまだ新鮮、多くの♂が林道上の下草でテリ張りをしている。↓
f0211980_21925100.jpg


スモモ  南区の目を付けていた場所で。花は満開、5本くらい生えており(植えてある?)6月中旬が楽しみである。↓
f0211980_2194418.jpg


満開のエゾヤマザクラと新緑のシラカバ、一気に暖かくなったせいでこんなコラボも見れる。
f0211980_2195543.jpg


相変わらずヒグマ君は出没している。南区の林道に入る時は要注意である。↓
f0211980_2110351.jpg

[PR]
by temenos | 2012-05-13 21:17 | 2012年 | Comments(6)
Commented by himeoo27 at 2012-05-13 21:35
スギタニルリシジミもコツバメもそちらは新鮮で元気
良さそうですね!
埼玉県中西部のエリアでも昨日両種とも観察出来ま
したが少し傷みがある個体中心でした。
Commented by ごま at 2012-05-13 23:16 x
豊平峡は、昔良く行きましたから懐かしいです。
昨年は行けませんでしたたか、今年は行きたいと思います。
スギルリですか。1ヶ月以上季節が違いますね。
クマ鈴は手放せませんね。
Commented by daron3 at 2012-05-14 18:42
スギルリのポイントへは最近行ってないので見てないですが、コツバメはふとした時にちょろっと見ます。さすがにくたびれてます(^^;;
豊平峡へは昨年行きました。油断して熊鈴持っていきませんでしたので危なかったですね(汗
次回行く時は気をつけないと・・・って今年はまだ未定ですが(汗
Commented by temenos at 2012-05-15 21:06 x
himeooさん、コメントありがとうございます。
こちらではようやく多くの新生蝶が飛び出したところです。
あと少しでジョウザンシジミやアカマダラも登場です。
Commented by temenos at 2012-05-15 21:10 x
ごまさん、コメントありがとうございます。
今年は、札幌のリンゴシジミが撮影できそうです。
新生蝶が飛び始めましたが、同時にブヨも多く飛んでます!
林道を歩けばマダニがひっつくし、クマも出ます!!
それでも林道に入ってしまいます。
Commented by temenos at 2012-05-15 21:12 x
daron3さん、コメントありがとうございます。
豊平峡も林道に入らなければ、クマは大丈夫でしょう。
これからいい季節になります。