ぶらり探蝶記

いつもの散策路~樺色の蝶~

6月24日 10時頃から天候が急回復、今日も午後から所用があるため大急ぎで山鼻川河川敷に向う。狙いはツバメシジミの青い♀とカバイロシジミ。自転車で5分で到着、いつもの斜面で早速カバイロシジミを発見する。この個体は飛んでもすぐにとまってくれたが、とまるや否や一気に開翅してしまう。もう少し開かないでくれといつもと違う勝手な願いを唱えるが全く通じず。山鼻川の対岸でさらにもう1頭の♀を見つける。この個体はカバイロシジミらしく、活発ですばやく飛び回る。追い掛け回してなんとか撮影する。♂は全く見かけない。ツバメシジミも全く見かけない。次にオオムラサキポイントへ向う。エゾエノキは何に食われたのか無残な姿。オオムラサキの幼虫は3匹見つけただけ。蛹も全く見かけない。なのにこのエゾエノキの惨状の理解に苦しむ。いずれにせよ7月10日くらいから発生しそうである。コチャバネセセリ初見、エゾシロチョウはだいぶボロになってきた。 (各画像はクリックすると拡大表示します)


カバイロシジミ  この♀はやや不活発。敏感なのだが、すぐに止まったくれた。↓
f0211980_2243329.jpg


カバイロシジミ  このように翅を閉じても、次の瞬間には開いてしまう。↓
f0211980_2244467.jpg


カバイロシジミ  シロツメクサでV字開翅する。↓
f0211980_224512.jpg


カバイロシジミ  V字開始する、上記とは別個体。↓
f0211980_2245946.jpg


カバイロシジミ  地面に静止し、開翅する♀。
f0211980_225723.jpg


オオムラサキ  終齢幼虫の排泄。大変失礼な画像で申し訳ありません。↓
f0211980_2251911.jpg


オオムラサキ  ステージの違う幼虫2頭。↓
f0211980_2252684.jpg


初夏の山鼻川河川敷  川沿いに親水公園と遊歩道がある。ここをカバイロが飛んでいる。奥は藻岩山。↓
f0211980_2253999.jpg

[PR]
by temenos | 2012-06-24 22:16 | 2012年