ぶらり探蝶記

煌きの季節②~メタリックブルーの競演~

7月8日 朝4時から銭函へ向う。狙いはハヤシミドリとウラジロミドリの開翅である。札幌は晴れていたが、海岸に向うにつれて深い海霧に包まれる。4時半現地着、霧が立ち込めていたが、おかまいなくカシワを叩く。飛び出すのはハヤシミドリシジミ、気温が高いせいか落ちてこずに樹冠へ舞い上がる個体が多い。キタアカシジミも多数が飛び出すが、こちらはよろよろと落ちてくる。予想に反して、ウラジロミドリやウスイロオナガが少ない。ウラミスジシジミは未発生なのか全く見かけず。霧が晴れ、曇り空から少し太陽がのぞくと、下草に降りたハヤシミドリが開翅を始める。あの素晴らしいマリンブルーとの再会である。しかしどうだ、このハヤシの深いブルーの輝きは!こんな深い色合いの個体は初めてである。ピカピカのハヤシの開翅にいつも以上の感動をもらう。ウラジロは数少なく開翅の撮影チャンスなし。道路脇の下草でテリを張るゼフを発見、こんな下草でテリ張りするのはジョウザン?と思いつつ近づくと、まさしくジョウザンであった。銭函では初めてお目にかかった。ハヤシとジョウザンを堪能したあと、昨日のメスアカの谷に立ち寄ってから10時に帰宅する。午後、川沿いで吸水するアイノ♂を撮影する。
北の国は、まさにクライマックスの時を迎えている。 (各画像はクリックすると拡大表示します)


ハヤシミドリシジミ  下草に静止する♂。尾状突起が短くエゾミドリのよう。裏翅もハヤシらしくないが、ここはこんな個体が多い。↓
f0211980_20452079.jpg


ハヤシミドリシジミ  カシワで開翅を始める。息を呑む瞬間。↓
f0211980_20453016.jpg


ハヤシミドリシジミ  下草に降りていた♂が一気に開翅した。驚きの深いマリンブルーの輝き、感動必至の美しさが眼前に広がる。↓
f0211980_20454715.jpg


ハヤシミドリシジミ  上記と同一個体。ultramarinusの学名が伊達ではないことを今年も証明してくれた。↓
f0211980_20455766.jpg


ジョウザンミドリシジミ  カシワ林の林縁の下草に止まる。ここにはミズナラもあり、生息していても不思議ではない。↓
f0211980_2046959.jpg


ジョウザンミドリシジミ  ハヤシとは違う水色の輝き。↓ 
f0211980_20462116.jpg


ジョウザンミドリシジミ  高さ50cmの下草でテリを張る。撮影しやすさではNo.1↓
f0211980_20463034.jpg


ジョウザンミドリシジミ  この空色の輝きも美しさではひけをとらない。↓ 
f0211980_20463929.jpg


ウラジロミドリシジミ  まだ発生初期。2頭しか見かけなかった。↓
f0211980_20465929.jpg


ウスイロオナガシジミ  こちらもまだ数は少ない。↓ 
f0211980_2047847.jpg


ミズイロオナガシジミ  当地の本種は驚くほど矮小な個体が多い。これもヤマトシジミより少し大きいくらいである。↓
f0211980_20471559.jpg


メスアカミドリシジミ  昨日のメスアカの谷に立ち寄ると、同じようにテリ張りをしていた。↓
f0211980_20473652.jpg


アイノミドリシジミ  今年初見。川原に吸水に降りてきた。同じ場所でジョウザンミドリの吸水も見る。↓
f0211980_20474798.jpg

[PR]
by temenos | 2012-07-08 21:05 | 2012年