ぶらり探蝶記

然別湖から層雲峡~大雪の懐で~

7月14日~15日 家族サービスで然別湖から層雲峡へ1泊ででかける。あわよくばカラフトルリシジミの撮影をと企んでいたが、当然のごとく大雪に登る時間はとれずに企ては失敗に終わる。然別湖から三国峠にかけてはホソバヒョウモンが多数飛んでいる。シロオビヒメヒカゲとカラフトタカネキマダラセセリは終盤で、特にカラタカは三国峠の高所で見かけたのみ。それでも今シーズンの撮影はあきらめていただけに嬉しい出会いである。コヒオドシやギンボシヒョウモンは多く、ベニヒカゲやクモベニはまだのようである。三国峠から大雪湖にかけては多くの採集者と出会う、オオイチ狙いなのであろう。北国の蝶のシーズンも一気に後半戦である。 (各画像はクリックすると拡大表示します)


ウラジャノメ  道東道のパーキングでフラフラ飛んでいた。↓
f0211980_2111372.jpg


シロオビヒメヒカゲ  然別湖畔で。スレ・ボロ個体多し。↓
f0211980_21121100.jpg


ホソバヒョウモン  まだまだ健在である。。特に幌鹿峠で多く舞っていた。↓
f0211980_2113386.jpg


ミドリヒョウモン  公園のお花畑で。↓
f0211980_2114531.jpg


ウラギンヒョウモン  同じ公園のラベンダーで吸蜜する。↓
f0211980_2115424.jpg


コヒオドシ  ここまで来るとコヒオドシは大変多い。↓
f0211980_2121720.jpg


カラフトタカネキマダラセセリ  少数のスレ個体のみ、高標高地で飛んでいた。↓
f0211980_2122564.jpg


ヒメシジミ  昨年、多くのシロオビヒメヒカゲを見かけたゲレンデで。まだ新鮮な♂。↓
f0211980_2123233.jpg


ヒメシジミ  シロオビヒメヒカゲに換わって、おびただしい数の本種がゲレンデを舞う。↓
f0211980_2123945.jpg

[PR]
by temenos | 2012-07-15 21:13 | 2012年 | Comments(2)
Commented by otto-N at 2012-07-16 15:53 x
北海道産のウラジャノメは白帯が太いのですか。並べてみると、シロオビヒメヒカゲの兄弟のようですね。先日、然別へ行けばよかった。午後、時間はありました(後悔)。
Commented by temenos at 2012-07-16 21:51
otto-Nさん、こんばんは。
そうですね、ウラジャノメとシロオビヒメヒカゲは白い帯から
近縁種のようにも見えますね。
然別から糠平にかけての道沿いには多くの蝶が舞っていました。