ぶらり探蝶記

兵どもが夢のあと~いよいよ終盤へ~

8月12日 札幌市の大倉山シャンツェを訪れる。お隣の宮の森シャンツェで日の丸飛行隊が金・銀・銅を独占してから40年、その後も数々の名勝負を生んできた国際的なジャンプ台である。このジャンプ台のスタートからは、札幌の街並みが一望でき、選手達は大通り公園に向って飛び立つ感覚なのであろう。このスタート付近を、今日はムモンアカシジミやオナガシジミが軽やかに舞っている。北の大地もまさに蝶も季節の終盤である。アルペン競技が行われた手稲山では、ベニヒカゲやヒメシジミが飛んでいたが、スレ個体ばかりである。時折眼前をかすめ飛ぶゼフも勢いが無い。逆にモンキチョウは数・勢いとも増している。お盆を迎え、秋風が吹き始めた。これから季節は急速に足を早めていく。 (各画像はクリックすると拡大表示します)


モンキチョウ  大倉山シャンツェのランディングバーンからジャンプ台を望む。↓
f0211980_22453871.jpg


オオチャバネセセリ 8月11日支笏湖にて。↓
f0211980_22455598.jpg


ミドリヒョウモン  ヒヨドリバナにて吸蜜する♀。↓
f0211980_224646.jpg


エルタテハ  こちらは新生蝶、手稲山スキー場のゲレンデにて。↓
f0211980_22461399.jpg


スジグロシロチョウ  夏の終わりに数を増している。↓
f0211980_22463846.jpg


ジョウザンミドリシジミ  わずかながら生き残り、テリを張っている。↓
f0211980_22464582.jpg


ジョウザンミドリシジミ  テリ張りの個体をアップで。↓
f0211980_22465193.jpg

[PR]
by temenos | 2012-08-12 22:52 | 2012年