ぶらり探蝶記

始動~新たなフィールドへ~

3月30日 少なくなったとはいえ、まだまだ残雪の多い札幌から前日夜に名古屋へ移る。気温の違いは空港を降り立った時点で明白である。土曜日は朝からの好天に矢も立てもたまらず、引越しの残務を傍らに置き、家族の慰労もかねて、愛知万博跡地の公園を訪れる。何も万博の歴史を見たかったからではなく、ここにはギフチョウも生息しているからである。広大な公園に足を踏み入れると路傍に多くのツバメシジミが舞っている。小川沿いではミヤマセセリもヒョンヒョンと飛んでおり、桜も満開で春爛漫である。ギフチョウを目指して丘陵地の小ピークを目指す。ヒサカキの芳香が強く漂う雑木林にはミヤマセセリが多く、コバノミツバツツジも咲き誇っている。ピークにはギフチョウの姿は無かったが、少し下ったところでギフチョウ初見。スミレでの吸蜜を見るが撮影には遠すぎて、正に証拠写真しか撮れなかった。結局、見かけたのはこの1頭のみ。林道沿いではテングチョウ、キタテハ、ヒオドシチョウ、ルリタテハを見る。植栽のユキヤナギで吸蜜するコツバメを見る。20度近い気温の中、春を満喫することができた東海地方初日であった。(各画像はクリックすると拡大表示します)


ツバメシジミ   カラスノエンドウの密生する路傍で交尾する。↓
f0211980_2112567.jpg


ミヤマセセリ  枯れ枝でテリ張りする個体。↓
f0211980_2113154.jpg


ギフチョウ  遠すぎてこんな証拠画像が撮れただけ。↓
f0211980_21133597.jpg


テングチョウ  細枝で日光浴する。翅を閉じて止まると見事な擬態である。↓
f0211980_21135241.jpg


コツバメ  ユキヤナギで吸蜜する新鮮な個体、本種も見かけたのはこの1頭のみ。↓
f0211980_21141030.jpg


ルリタテハ  林内の陽だまりで日光浴する。↓
f0211980_21142754.jpg


ヒオドシチョウ  青空をバックに咲き誇るモクレンの枝で日光浴する。↓
f0211980_21144567.jpg

[PR]
by temenos | 2013-03-31 21:25 | 2013年 | Comments(2)
Commented by otto-N at 2013-04-03 16:52 x
万博跡地は近いのでしょうか。近いとしたら、ギフまでいるとはいいポイントですね。私もツバメシジミのメスを探してやっと見つけました。明日は神奈川のギフに行こうと思ってます。暖かくて拍子抜けしたでしょう。今週末は、所要で北海道です。
Commented by temenos at 2013-04-04 21:26
otto-Nさん、こんばんは。
万博跡地までは40分くらいでしょうか。ギフはいるものの
個体数は多くないようです。ミヤマセセリはいたるところで
見かけました。ここより東は三河の国です。オオヒカゲが
いたり、クロミドリがいたりで面白そうですね。