ぶらり探蝶記

三大名城と揚羽蝶~名城公園のアオスジアゲハ~

4月29日 初夏の陽気の中、日本三大名城のひとつである金鯱城(名古屋城)に隣接する名城公園を散策する。目にすがすがしい新緑、満開のツツジと青い空を颯爽と飛び回るアオスジアゲハ、初夏のお気に入りの風景のひとつである。そしてここは目前に名古屋城が聳え立つ。ぜひともこれら全てを背景にと意気込んだが、これはかなわなかった。家族連れや団体で賑わう公園内にはジャコウアゲハ、クロアゲハ、ナミアゲハも多い。7年前のGWでは、ここでツマキチョウも多く見かけたのだが、今日は1頭も見かけなかった。公園脇を流れる堀川の護岸で多くのアオスジアゲハとナミアゲハが吸水に来ていたが、アオスジアゲハの1頭がエサキ型であるのに気づいて夢中で撮影する。ハンキュウ型やタンノ型など、エサキ型以外の斑紋変異個体も探してみたが、斑紋変異はエサキ型の1頭のみであった。 (各画像はクリックすると拡大表示します)


アオスジアゲハ  ハルジオンで吸蜜する通常型。↓
f0211980_2274273.jpg


アオスジアゲハ  吸水する通常型、エメラルドグリーンが美しい。↓
f0211980_2274927.jpg


アオスジアゲハ  地面すれすれを飛翔、ちょっとピンボケだが、表翅のアクアブルーが映える。↓
f0211980_2275817.jpg


アオスジアゲハ  前翅中室にきれいな余剰斑紋がでている典型的なエサキ型。↓
f0211980_228785.jpg


アオスジアゲハ  エサキ型(右)と通常型、逆行で撮ると斑紋がよくわかる。↓
f0211980_228153.jpg


アオスジアゲハ  エサキ型(右)と通常型をアップで。この個体はエサキ班以外にも若干の斑紋異常がある。↓
f0211980_2282282.jpg


ナミアゲハ  ハルジオンで吸密する。↓
f0211980_2283311.jpg


ナミアゲハ 上記個体を正面から。↓
f0211980_2284172.jpg


名城公園の藤棚と新緑の柳。初夏の清々しい風にたなびく。↓
f0211980_2285830.jpg


名城公園から望む名古屋城。↓
f0211980_229688.jpg

[PR]
by temenos | 2013-04-29 22:25 | 2013年