ぶらり探蝶記

蒼穹に 若葉雪崩れて 薄羽舞い~ウスバシロと遊ぶ~

5月2日 木曽へイエローバンドでもと考えたが、まだ未発生の模様。それなら近場でウスバシロと戯れようと岐阜県中濃地方の山間に向かう。10時最初のポイントに到着、林道沿いに歩き始めるが、白い蝶は飛んでいない。ヒメウラナミジャノメ、ムラサキシジミが多い。コジャノメ初見、ツマグロヒョウモン♀を見る。期待したウスバシロが全くいないので、次の場所へ向かおうとしたところ足元からギフチョウが飛び出す。大きく破損し、色褪せた♀。産卵の大役も済ませ、後は天寿を全うするだけの状態のようである。二箇所目では、富有柿の林の中を多くのウスバシロが舞っている。11時の段階で気温は15度、かなり風が強く、低く弱く飛ぶだけの状態。すぐに舞い降り、吸蜜・休止を繰り返す。この地方に多い黒っぽい個体も見かける。新鮮な♀に求愛する♂を見つける。下草の中で交尾成立、交尾したまま葉上に這い上がってくる。そろそろウスバシロに飽きてきたころ、ホウジャクのように飛ぶ、黄色と黒のタイガースカラーの物体が目に留まる。キバネツノトンボ!!止まったところを撮影する。近くを散策すると、アザミが咲き始めた土手の上を無数のキバネツノトンボがブンブン飛んでいる。これには圧倒されるが、今日一番の嬉しい出会いであった。黒系アゲハはミヤマカラスアゲハ1頭目撃したのみ。抜けるような青空と雪崩落ちるような若葉緑の中、楽しいひと時を過ごし帰路に着く。 (各画像はクリックすると拡大表示します)


ウスバシロチョウ  風が強く、すぐに下草に降りて休止していた。↓
f0211980_22202573.jpg


ウスバシロチョウ  交尾嚢をつけた♀。新鮮な個体からスレまで様々であった。↓
f0211980_22204116.jpg


ウスバシロチョウ  この地方に多い黒っぽい個体、これは♀。↓
f0211980_22205278.jpg


ウスバシロチョウ  求愛から交尾成立までを観察する。上が♀。↓
f0211980_2221672.jpg


ウスバシロチョウ  上記を広角で。この地方の名産である富有柿の林の中で多くのウスバシロが舞う。↓
f0211980_22212082.jpg


ウスバシロチョウ  タンポポで吸密する。↓
f0211980_22213735.jpg


ウスバシロチョウ  タンポポで吸蜜、背景の白い車は愛車である。↓
f0211980_22215025.jpg


コジャノメ  今年初見、ヒメウラナミジャノメにずいぶん長い時間追い回されていた。↓
f0211980_222216.jpg


ギフチョウ  寿命もあとわずか、元祖?岐阜のギフチョウ。↓
f0211980_22221137.jpg


ツマキチョウ  ウスバシロと追尾を繰り返していた♂。↓
f0211980_22222113.jpg


キバネツノトンボ  こんなに活発に群れて飛び回る昆虫だとは知らなかった。でも一番嬉しい出会いであった。↓
f0211980_2222331.jpg

[PR]
by temenos | 2013-05-02 22:34 | 2013年 | Comments(2)
Commented by himeoo27 at 2013-05-04 07:00
ツマキチョウ特に♂は飛び回るばかりで
あまり止まってくれないので撮影に手こ
ずっています。下から2コマ目綺麗ですね!
Commented by temenos at 2013-05-04 22:11 x
himeooさん、私もツマキには手こずっています。
この個体は、ウスバシロを追い回していたのですが、
疲れたのか休止してくれました。吸蜜していた個体も
撮影したのですが、いい角度を欲張ってポジション変えたら
飛び立たたれて、後は飛び回るばかりでした。