ぶらり探蝶記

西三河探索~蝶の季節は端境期~

5月18日 一日かけて西三河を探索する。猿投山の東山麓一帯から足助、六所山をぐるりと廻り、鞍が池公園を経て名古屋に戻った。車で大まかに見て廻っただけだが、故郷の播磨の里山と同じような雰囲気である。ただ、大きく違うのはクヌギ、アベマキ、コナラなどの落葉広葉樹の巨木が多いことである。薪炭林としての利用の仕方や歴史に違いがあったのだろうか。大まかな周辺状況の把握が目的であったので、蝶は真剣に探していないが、端境期でもあり見かける種類も数も少なかった。特にクロ系アゲハは少ない。ジャコウアゲハ、クロアゲハ、ナガサキアゲハを各1頭見たのみ。少し期待していたコムラサキやゴマダラチョウは全く見かけなかった。 (各画像はクリックすると拡大表示します)


ダイミョウセセリ  今年初見、東海地方は中間型の斑紋。↓
f0211980_22425088.jpg


ヒメウラナミジャノメ  普段カメラを向けることは少ないが、これだけ蝶が少ないと・・・。↓
f0211980_22434544.jpg


ツバメシジミ  どうやら2化のようである。同じ場所にボロボロの小型の♀が数頭飛んでいた。↓
f0211980_22453012.jpg


シロシタホタルガ  最初見たときは、そのどぎつさ一瞬引いた。↓
f0211980_22464799.jpg


ハルリンドウ  たぶんハルリンドウだと思うけど?湿地でひそやかに咲く。↓
f0211980_22483587.jpg


本日(19日)に購入してきたヤマビルの忌避剤。鈴鹿で試してみようっと。↓
f0211980_22491853.jpg

[PR]
by temenos | 2013-05-19 22:52 | 2013年 | Comments(2)
Commented by himeoo27 at 2013-05-20 22:05
ツバメシジミの表翅良く輝いていますね!
そういえば最近は金属光沢のチョウ撮って
いないのでミドリシジミを写したいです。
Commented by temenos at 2013-05-22 20:31 x
himeooさん、ツバメも2化が出ましたね。
アカシジミの便りもチラホラ届きはじめました。
いよいよ煌きを堪能する季節が目の前ですね。