ぶらり探蝶記

初夏の都市公園~コムラサキ登場~

5月26日 25日は終日仕事、26日も所用で行きたいフィールドへは行けなかった。平地性のゼフ達が飛び始めているのにもどかしさが増すばかり。少しの時間で郊外の公園を散策する。池のほとりにあるイボタノキを揺するも何も飛び出さない、ナナフシの幼虫がいただけ。キタキチョウは夏型が登場している。ルリシジミも2化が吸水していた。新生のヒオドシチョウ、テングチョウを見る。林縁を飛ぶミスジチョウを発見したが、撮影は不可。こんなところにも生息しているのか!意外な出会いに驚く。コムラサキは3頭目撃、黒化したクロコムラサキを期待したが、全て通常型であった。クロコムラサキの確率を考えると3頭ばかりで期待するのはムシがよすぎるか。オオモンシロかと思うような大きなモンシロチョウを目撃したところで時間切れとなり、戦果乏しく撤収する。 (各画像はクリックすると拡大表示します)


コムラサキ  公園の手洗い場所で吸水する。↓
f0211980_0181266.jpg


コムラサキ  池のほとりのヤナギで休止する。↓
f0211980_0182032.jpg


ルリシジミ  春型よりも一回りは大きく、飛ぶ姿はなかなか美しい。↓
f0211980_018319.jpg


ナナフシ  イボタノキで見つける。ここにはウラゴマダラシジミは生息してない様子。↓
f0211980_0184183.jpg

[PR]
by temenos | 2013-05-29 00:22 | 2013年