ぶらり探蝶記

赤銅色のゼフ~三河のクロミドリシジミ~

6月9日 早朝から三河のクヌギ林へ向かう。朝6時前、すでに案内をお願いしていたTさんが来ておられ、♀が下草にいることを教えていただく。♂を叩きだすため9mの鮎竿を持ち出し、やっと届く高枝を叩くとパラパラと♂が飛び出す。地面や下草に降りた♂の開翅を静かに待つ。最初に開いたのは、地面に降りた個体。新鮮だが、なんだか絵にならない。表翅は赤銅色というが、日に当たらないせいなのか、どうしてもこげ茶色にしか見えない。それでもよく見ると黒の縁取りがあるのが判る。まだ夜が明けきらぬうちに活動する本種にとって、表翅は緑である必要がないのは理解できるが、なんで黒の縁取りがあるのか?こんなどうでもいいことを考えているうちに、♀と下草の個体も翅を開いた。思う存分撮影し、採集者がやってきたので当地を後にした。この後、近隣のクヌギ林でクロミドリを確認したが、木が高すぎて叩き出しも困難な所であった。こまめに探していけば多くの発生地がありそうである。さらにウラクロシジミを探して瀬戸市に転戦したが、マンサクの立ち枯れ被害も大きいようである。したがってウラクロシジミを見つけることはできずに撤収する。当地をご案内いただきましたTさん、あらためて感謝申し上げます。
(各画像はクリックすると拡大表示します)


クロミドリシジミ  下草に降りた♂、大きな複眼で暗いうちから活動する。↓
f0211980_15524990.jpg


クロミドリシジミ  薄日が差し込み始め、翅を開きだした。↓
f0211980_15525927.jpg


クロミドリシジミ  地面に降りた個体が最初に開翅した。こげ茶色の翅表に黒の縁取りが見える。↓
f0211980_15531160.jpg


クロミドリシジミ  下草に降りた個体も徐々に全開。まだまだ新鮮な個体である。↓
f0211980_15532434.jpg


クロミドリシジミ  下草に降りた♀。↓
f0211980_1553337.jpg


クロミドリシジミ  ♀の開翅。♀の表は他のfavoniusと大差ない。↓
f0211980_15534115.jpg


ミズイロオナガシジミ  ちらちら飛んでいた♂が、シダの上で開翅。こちらはグレー一色。↓
f0211980_15535043.jpg


ウラナミアカシジミ  クヌギやコナラを叩くと多くの本種が飛び出した。↓
f0211980_1554043.jpg


アカシジミ  クリの花に多くの本種が吸蜜にきていたが、時期的にスレ個体ばかり(瀬戸市)。↓
f0211980_1554890.jpg


ウラギンシジミ  秋型に比べて丸っこい夏型登場(瀬戸市)。↓
f0211980_15541419.jpg


ヒオドシチョウ  新鮮な本種の鮮やかさは、緋縅の名に恥じない(瀬戸市)。↓
f0211980_15542239.jpg

[PR]
by temenos | 2013-06-09 16:04 | 2013年 | Comments(2)
Commented by himeoo27 at 2013-06-11 19:19
新鮮なヒオドシチョウは出逢ったことがないので
ウットリ眺めています。
クロミドリシジミ、ミズイロオナガシジミの全開翅も
綺麗ですね!
Commented by temenos at 2013-06-15 12:00
新鮮なヒオドシは、ハッとする程鮮やかですね。
播磨にはたくさん生息しています。
ヒロオビ探索時に、いませんでしたか?
クロミドリシジミは、早朝の活動といい面白い
蝶ですね。