ぶらり探蝶記

北陸の山頂にて~ゼフと遊ぶ~

6月23日 北陸のとある山頂に仲間達とやってきた。朝7時半、朝日まぶしいブナ林を見て歩く。友人の一人が下草で開翅するフジミドリ♀を発見。皆で慎重に撮影する。この後、ブナを叩いてみても肝心の♂は樹上に舞い上がるばかり。ウラクロは新鮮、しかしこの時間だと開翅しない。尾根筋で活動を始めたフジミドリが止まるのを待つ。やっと近くに止まって開翅したのだが、運悪く少し離れたところにいて、撮影に間に合わないという痛恨の失態をやらかす。このポイントでアイノがテリ張りを開始し、皆そちらに夢中になる。大声で角度が悪いだのなんだかんだで賑やかしくも楽しい時間を過ごす。やはりゼフ探索は大勢のほうが楽しいし、目も多くなることで開翅のチャンスを逃す悲劇も少なくなっていい。この後、別のポイントでエゾミドリやウラキンのテリ張りを撮影した後、帰路についた。我々のグループの他に大勢の撮影者との出会いもあり、有意義な一日であった。 (各画像はクリックすると拡大表示します)


フジミドリシジミ  下草で全開翅する♀。↓
f0211980_2201250.jpg


フジミドリシジミ  少し飛んで、朝日をいっぱいに浴びてV字開翅する。↓
f0211980_2202026.jpg


ウラクロシジミ  静かに止まっている♂。活動時間ではないので、いろいろやってみたが全く開翅せず。↓
f0211980_2203026.jpg


アカシジミ  少しスレているが、まだまだ元気。↓
f0211980_220411.jpg


アイノミドリシジミ  尾根筋の谷間にぽっかり開いた空間でテリ張りする。↓
f0211980_2204959.jpg


アイノミドリシジミ  日光の関係なのか、広い空間に向かうためなのか中々いいポジションに止まらない。↓
f0211980_220562.jpg


アイノミドリシジミ  金緑色の煌きはメスアカと並んでとても強烈。↓
f0211980_221270.jpg


エゾミドリシジミ  V字開翅する直前。↓
f0211980_2212251.jpg


エゾミドリシジミ  今度は中々いい高さに止まらない。少しスレたこの個体が新鮮な個体を追い払う。↓
f0211980_2212841.jpg


エゾミドリシジミ  新鮮な個体が見下ろすポジションに止まったが、少し遠かったのが残念。↓
f0211980_2213418.jpg


ウラキンシジミ  曇り空になり、テリ張りを始めた。これは林道で出会った♀。↓
f0211980_2214653.jpg


ゴイシシジミ  フジミドリ探索中に現れた。ゼフではないけれど、ハエとのポジションが面白かったので・・・。↓
f0211980_2255916.jpg

[PR]
by temenos | 2013-06-24 22:17 | 2013年