ぶらり探蝶記

北の大地へ~札幌のmy field①~

8月4日 3日に仕事で札幌に入ったが、そのまま素直に帰る筈もなく、4日は早朝から札幌在住時に慣れ親しんだmy fieldの何箇所かを廻った。まずは、百松沢に向かう。北国とはいえ、ゼフもさすがに盛期は完全に過ぎており、数は多く見られるがスレばかり。特に♂は大スレか大ボロばかりだが、まだまだ元気に飛び回っていた。テリ張りしていたのはアイノとジョウザン、同じ空間でテリを張っているので、時に異種格闘戦が起こる。百松沢林道ゲート前の広場の下草には、各種ゼフの♀とカラスシジミが多く、ゼフは吸水しながら開翅する。撮影しているとオナガシジミやウスイロオナガシジミも飛来し開翅のサービス。比較的新鮮なメスアカミドリの♀を見つけるが、残念ながら開翅せず飛び去ってしまう。ここでヘリグロチャバネセセリに出会う。札幌に住んでいた時は、何回もここに通っていたにもかかわらず全く見ることも無かったのに不思議なものである。暫く楽しんだ後、一の沢に向かう。一の沢林道入り口付近では、少ないながらアカシジミが残っていて出迎えてくれた。 (各画像はクリックすると拡大表示します)


アイノミドリシジミ   スレばかりだが、金緑色を煌かせて卍バトルを繰り返していた。↓
f0211980_22839.jpg


ジョウザンミドリシジミ  こちらもスレばかり。オオイタドリでテリを張る。↓
f0211980_2282188.jpg


ジョウザンミドリシジミ  開翅する♀。地上5cmの草に多くのゼフ♀が降りていた。↓
f0211980_2283175.jpg


エゾミドリシジミ  写真からは解らないが、矮小な♀。↓
f0211980_2284033.jpg


オナガシジミ  年に一度は、このホルスタイン柄に会いたいと思う。↓
f0211980_2285055.jpg


オナガシジミ  開翅する。札幌近辺ではちょっとしたオニグルミにも発生してる普通種。↓
f0211980_2285897.jpg


ウスイロオナガシジミ  チラチラと飛んできて、目の前に止まった。↓
f0211980_2225980.jpg


ウスイロオナガシジミ  近くの葉に飛び移り、開翅のサービス。↓
f0211980_2291218.jpg


アカシジミ  まだ残っている。昨年も7月の終わりに多く残っていた。↓
f0211980_229241.jpg

[PR]
by temenos | 2013-08-05 22:25 | 2013年 | Comments(4)
Commented by yoda-1 at 2013-08-06 08:59
なんとなく懐かしく拝見しました。
まだまだ元気に飛んでいるのですね。
エゾミドリ雌♀の開翅がまぶしいです。オナガシジミが普通種でこのように頻繁に開翅するのでしょうか?
また行かなくては(笑)
Commented by temenos at 2013-08-06 21:50
yodaさん、まだゼフ達は元気に舞っていました。
オナガシジミはミズイロオナガより、はるかに
沢山いますので、開翅も難しくないでしょう。
やはり、北海道はゼフ天国ですね。
Commented by shizen_jin at 2013-08-07 22:01
北海道、いいですね。憧れの地です。
いつか蝶撮影目的で訪れてみたいと思っていますが、いつになったら叶うか、わかりません。
Commented by temenos at 2013-08-08 23:43
shizen_jinさん、北海道の蝶の季節は本当に短いですが、
その短い期間に多くの種類が一気に出てきます。
アカシジミとオナガシジミやベニヒカゲが同じ時に、同じポイント
で見られる、そんなところです。特産種も多く、訪ねて損はありませんよ。