ぶらり探蝶記

ツバメ舞い始める~春本番~

3月23日 春本番の陽気、南から帰ってきたツバメも川面で軽やかに翻る。木曽三川公園では、サクラが咲き始め、モンシロチョウ、ベニシジミ、モンキチョウと平地の春のメンバーたちも嬉しそうだ。山手の林縁ではアカタテハ、ルリタテハ、キタテハ、テングチョウと越冬タテハたちも元気だ。まだ、花をつけていないチューリップ畑でツバメシジミ初見。いわゆる普通種といわれる仲間であっても、この蝶の美しさにもっと目を向けて欲しいと思うのは私だけであろうか。


ツバメシジミ  羽化直と思われる新鮮個体。↓
f0211980_2347184.jpg


ツバメシジミ  上記、下記と同一個体。見かけたのはこの1頭のみ。↓
f0211980_2347264.jpg


ツバメシジミ  低温期型の青い♀も撮影したい。↓
f0211980_23473377.jpg

[PR]
by temenos | 2014-03-23 23:50 | 2014年 | Comments(4)
Commented by さっちゃん♪ at 2014-03-24 06:44 x
おはようございます
ツバメシジミ  透き通るような翅・・・綺麗ですね^^♪
今年はまだ見ていないので 
出会える日が待ち遠しいです。 
Commented by temenos at 2014-03-25 21:40
さっちゃんさん、こんばんは。
いよいよ多くの新生蝶が姿を見せ始めましたね。
次はどの種類が楽しませてくれるのでしょう?
Commented by Akakokko at 2014-03-28 23:45 x
ツバメシジミも出ているのですね。
ピカピカで奇麗ですね。
普通種でもツバメシジミの奇麗さは私も好きですよ。
前翅の触角のような模様は初めて見ますが、これも低温の影響でしょうか。
Commented by temenos at 2014-03-30 15:17
Akakokkoさん、前翅に黒点もある個体はちょくちょく見かけます。
昨年も春に同様の個体を撮影しています。地域によるものなのかどうかは不明です。少し気にしてみてみましょう。