ぶらり探蝶記

めんそーれ琉球~南国の蝶とふれあう②~

4月25日~28日  3日目の蝶撮影に専念できる時間は6時間、まずはヤンバルの林道を流す。20年前にはリュウキュウウラボシが多数生息していたという箇所を見て廻るが、全く姿はなし。もはや、いなくなってしまったのか時期的に遅かったのかは不明のまま。ぽっかり開いた空間のセンダングサに多くの蝶が集まっている。アマミウラナミシジミは林縁や樹林内の蝶のようだ。クロセセリも吸蜜に忙しい。オキナワカラスアゲハを目撃するが、飛び去ってしまう。ボロボロのコノハチョウを撮影し山を下りた。農家脇のクチナシを探して廻るがイワカワシジミの姿も無い。海岸沿いの崖にはソテツが多く、無数のクロマダラソテツシジミが舞っていた。チャバネセセリのようなセセリを撮影。本州ならチャバネセセリと言い切るのだが、スレていることもあって同定に自信なし。最終日は無情の雨、海洋博公園のランタナに雨にもかかわらず多くの蝶が群れている。ジャコウアゲハやシロオビアゲハ、クロマダラソテツシジミがメイン。ここでボロボロのオキナワビロードセセリを発見、雨・樹木下の圧倒的光量不足の中、なんとか撮影するもカメラの設定をミスするというポカをやらかす。
ここで沖縄行の全てが終了。ベストシーズンに撮影目的でゆっくり探索したいと思いながら、帰路の飛行機に乗り込んだ。


オオゴマダラ  ブーゲンビリアで吸蜜。フワフワとゆっくり飛ぶ様は、時間の流れが遅い南国にピッタリ。↓
f0211980_2351589.jpg


オオゴマダラ  吸蜜を横から。↓
f0211980_2352294.jpg


コノハチョウ  小川沿いに張りだした枝先に止まる。残念ながら後翅が大破損。↓
f0211980_236211.jpg


リュウキュウヒメジャノメ  ヒメジャノメより少し小さく、翅裏の白線が幅広い。↓
f0211980_2361289.jpg


リュウキュウヒメジャノメ  開翅してしまうとヒメジャノメとの区別がつかない。↓
f0211980_2362344.jpg


アマミウラナミシジミ  林縁や樹林内を活発に飛ぶ。最初はなんだかわからずにドキドキしてしまった。↓
f0211980_2364657.jpg


アマミウラナミシジミ  静かにV字開翅する♀。なかなか美しい。↓
f0211980_2365340.jpg


クロマダラソテツシジミ  神奈川での大発生以来の出会い。こちらでは全くの普通種のようだ。↓
f0211980_237624.jpg


クロマダラソテツシジミ  沖縄最北端の岬にて。東シナ海を背景に強風に耐える。↓
f0211980_2371276.jpg


クロセセリ  見かけたのは撮影した一箇所のみ。但し、この場所にはわんさかと飛んでいた。↓
f0211980_2372464.jpg


クロセセリ  V字開翅する。↓
f0211980_2373089.jpg


オキナワビロードセセリ  雨の中、ランタナで吸蜜する。カメラの設定をミスして、正に証拠写真。↓
f0211980_237598.jpg


チャバネセセリ  たぶん?他に考えられるのはユウレイセセリ?トガリチャバネセセリ?↓
f0211980_2381533.jpg

[PR]
by temenos | 2014-04-30 23:30 | 2014年 | Comments(0)