ぶらり探蝶記

三河の渓谷を歩く~寒狭川のほとりにて~

5月11日 本日も特に目的を定めず、豊川上流部の寒狭川流域をぶらついてみた。猫の額のような水田脇や道路沿いをウスバシロがゆったりと舞っている。アザミやハルジオンで吸蜜している個体も多い。みかけるのは交尾嚢をつけた♀がほとんど。少ない♂はしつこいくらいに♀にアタックをかけている。草むらに潜り込み、産卵行動をとる♀を見る。黒系アゲハはクロアゲハ、ミヤマカラスアゲハ、オナガアゲハがツツジに群れている。特にオナガアゲハは、過去一度に沢山見かける蝶ではなかったが、今日は沢山見かけた。コチャバネセセリ初見、普通種ながら新鮮な本種は黄金の毛をまとい、なかなかゴージャス。


ウスバシロチョウ  愛知県三河産のバシロ、アザミで吸蜜する♀。↓
f0211980_23253439.jpg


ウスバシロチョウ  花の白さと比較すると本種も白くないのがわかる。北海道のヒメウスバは真っ白の印象が強く残っている。↓
f0211980_23254072.jpg


オナガアゲハ  ツツジの周りで他の♂とバトルを繰り返した後、下草で休止した。↓
f0211980_23255475.jpg


コチャバネセセリ  ツツジでテリを張る♂。↓
f0211980_2326321.jpg


コチャバネセセリ  新鮮なうちは金色の毛に覆われている。↓
f0211980_23261481.jpg


トビ  川面を見つめながら旋回を繰り返す。↓
f0211980_23262242.jpg

[PR]
by temenos | 2014-05-11 23:33 | 2014年