ぶらり探蝶記

安曇野の自然に浸る②~渓谷のクモマツマキチョウ~

5月25日 前日は大町温泉郷の叶家に宿泊。朝から家族サービスをこなし、クモマツマキチョウの舞う渓谷に立ち寄ったのはお昼前。昨日とはうって変わっての曇天ゆえに気持ちもあせらない。晴れないと活発に活動しない本種の撮影は難しいかと思いながらも、朝から来ておられた撮影者に状況をお聞きする。曇っているけど気温が高いせいか、ポツポツと飛んでくるとのこと。すると5分と待たずにオレンジの塊のようなクモツキが渓谷沿いを緩やかに舞う。初めて本種を目にする家族からは歓声があがる。いつ見ても美しい蝶である。ここでの吸蜜源はスミレ、地表近くでの撮影になるため背景が抜けず、写真としてはスッキリしない。しかし、蝶そのものが美しいことに変わりなく、短時間ながら久しぶりの出会いを楽しんだ。


クモマツマキチョウ  以下スミレに吸蜜に来た同一個体。↓
f0211980_20331694.jpg

f0211980_2033374.jpg

f0211980_20335299.jpg

f0211980_2034062.jpg

f0211980_2034961.jpg

f0211980_20342140.jpg


ツマキチョウ  少し標高を下げると、こちらが主役。求愛飛翔。↓
f0211980_20344476.jpg


ツマキチョウ  ハタザオで活動を休止した♀。↓
f0211980_20345215.jpg


クジャクチョウ  越冬明けの個体、ここにクモツキの撮影に来ると大抵日光浴する本種に出合う。↓
f0211980_2035293.jpg


シャクナゲ  クモツキの舞う渓谷にひっそりと咲く。↓
f0211980_20351130.jpg

[PR]
by temenos | 2014-05-28 20:42 | 2014年