ぶらり探蝶記

またしても…~三連敗のキリシマミドリ~

7月26日 キリシマが活発にテリ張りを開始する時期、これより後だとスレ個体も多くなり今が適期であろうと勇んで早朝から鈴鹿に向かう。午前6時すぎにポイント到着、なんと先着組みが3名。4時すぎから待機中とのこと、恐れ入る。早速、仲間に加えていただきキリシマのお出ましを待つ。上空には雲が立ち込め、条件は今一。時間が経つにつれ、撮影者の数も増してくる。採集者1名を加え、ポイントは大賑わい。しかし、飛び交うキリシマは少ないし、中々下にも降りてこない。蝶談義に費やす時間のほうが圧倒的に多い。これはこれで楽しいのだが、今年はなんとしても美麗な金緑色を撮影したい。そのチャンスは3度ほどあった。そのうち2回は絶好の開翅ポジションに静止するも、残念ながら開翅せず。夕刻の仕事に合せて、断腸の思いで午後1時に撤収する。今回も開翅は撮れなかったが、多くの同好者の方々と楽しく時間を過ごすことが出来た。ご一緒いただいた皆様、ありがとうございました。


キリシマミドリシジミ  アカガシの葉に止まり、翅をスリスリしだし、開翅への期待が膨らむ。後翅から金緑色がのぞく。↓
f0211980_20235163.jpg


キリシマミドリシジミ  葉の先端に動いた。開翅してくれれば絶好のポジションだったが・・・。↓
f0211980_20292329.jpg


キリシマミドリシジミ  少し飛んで奥まったところにとまる。↓
f0211980_20293253.jpg


エゾミドリシジミ  吸水に降りた♀。↓
f0211980_20293966.jpg

[PR]
by temenos | 2014-07-27 20:32 | 2014年