ぶらり探蝶記

真夏の昼下がり~河川敷の樹液酒場~

7月27日  天気予報が芳しくなかったため、遠出せずに昼過ぎからいつもの河川敷に向かう。アキニレの樹液酒場が繁盛している時期だ。店を覗いてみると、お客さんはいつもの常連さんばかり。コムラサキ・ゴマダラチョウ・スズメバチ・カナブン・シロテンハナムグリ・カブトムシ・コクワガタといった面々、真昼間から酒場は大賑わい。ゴマダラチョウとカナブンが飲んでいたところに、シロテンハナムグリとコムラサキが合流、そこに乱暴者のスズメバチが我物顔で乱入し、ゴマダラチョウは店の外に追いやられてしまった。同じ木にアブラゼミ・クマゼミ多数。昼下がりの河川敷は夏本番といったところ。


コムラサキ  アキニレの葉上で休憩中の♀。↓
f0211980_2125339.jpg


コムラサキ  樹液にやってきた♀。↓
f0211980_21251652.jpg


コムラサキ  開翅する♀、残念ながら褐色型。この場所にクロコムラサキがいてくれると楽でいいのだが・・・。↓
f0211980_21252435.jpg


ゴマダラチョウ  かなりスレている2化の個体。カナブンと仲良く飲んでいたのだが・・・。↓
f0211980_21253231.jpg


ゴマダラチョウ  後からやってきたコムラサキ姉さんやシロテンハナムグリ、狼藉者のスズメバチに追いやられて枯れ枝で休息。↓
f0211980_21254278.jpg


樹液酒場  アキニレの酒場はクヌギやコナラよりも集客力は強いかも。上のほうにゴマダラチョウが寂しく佇む。↓
f0211980_21255130.jpg


クマゼミ  早朝からなんとも騒がしい連中であるが、やっぱり夏には欠かせない。↓
f0211980_2126655.jpg


アブラゼミ  昼下がりや夕刻に至近距離で鳴かれると暑さが倍増するような・・・。↓
f0211980_21261360.jpg


クマゼミ抜け殻  なにもこんなに群がらなくてもと思ってしまう。同じ木にはおびただしい抜け殻がぶら下がっていた。↓
f0211980_21262256.jpg

[PR]
by temenos | 2014-07-28 21:37 | 2014年 | Comments(4)
Commented by LUFFYY at 2014-07-28 21:48
河川敷の樹液酒場
良いですね、私もプチ酒場を見つけました。
今度のお休みに確認できればと思います。
クマゼミの殻の団体に3,000点です!
Commented by temenos at 2014-07-29 23:06 x
LUFFYYさん、この樹液酒場は自宅から歩いて3分ほど。こんなところ?と思うような場所にあります。珍しい蝶はいませんが、名古屋市東区内でヒラタクワガタがいるのはここだけではと思っています。クロコムラサキが来てくれると嬉しいのですが・・・。
Commented by 小さな物がすき at 2014-07-31 10:18 x
樹液酒場にぎわっていますが、主役のクロコムラサキが登場しないのは残念でしたね。
キリシマミドリのポイントの件有難うございました。道路をかなり下るんですね。確かにあの坂道は帰り大変そうです。
Commented by temenos at 2014-08-01 17:09 x
小さな物が好きさん、撮影成功されることをお祈りしています。私は再挑戦するかどうか思案の最中です。