ぶらり探蝶記

晩夏の南信~木曽谷から伊那谷へ②~

8月22日 ゴマシジミは流石にスレ個体が多かったが、♀は比較的綺麗な個体も見られた。2箇所の生息地を廻ったが、両箇所とも個体数はまずまず。このまま、良好な環境が保たれることを望む。暑い名古屋の低地に比較して、高原は蝶たちの種類も数も活発さも段違い。はっきりしない天候が続く中、この日は午前中を中心に素晴らしい晴れ間が広がる。街道のナナカマドの実は早くも色付き始め、秋の気配が漂っていた。天竜川の河川敷では、秋が似合うと思っているシジミチョウたちも元気に飛び回り、小さい秋を見つけた気分になった。


ゴマシジミ  ワレモコウの花穂で吸蜜する♀。↓
f0211980_21581492.jpg


ゴマシジミ  産卵行動をとっている♀を多く見かけた。↓
f0211980_21582388.jpg


ゴマシジミ  カニグモに捕食された♀。希少種であろうが、自然界においては関係ない。容赦なく弱肉強食の舞台にさらされていく。↓
f0211980_2158610.jpg


ゴマシジミ  上記を広角で。雄大な景色も、食物連鎖の現場も自然の一コマ。↓
f0211980_21581397.jpg


エゾミドリシジミ  流石に♂は見かけなかったが、♀はこれから産卵の大役を残している。↓
f0211980_21582375.jpg


アカセセリ  盛夏にピークを迎える本種も、大半がスレ個体。↓
f0211980_21583421.jpg


ヘリグロチャバネセセリ  翅を閉じているとスジグロチャバネかどうか全く解らない、↓
f0211980_21591890.jpg


ヘリグロチャバネセセリ  前翅中室端の黒斑が下方の室と繫がっていないことから、ヘリグロと判断したが、同定には全く自信なし。↓
f0211980_21592568.jpg


スジグロチャバネセセリ  前翅中室端の黒斑が下方の室と繫がっているようである。したがってスジグロの♀と同定したが、これまた自信なし。↓
f0211980_21595620.jpg


ミヤマシジミ  多化性のシジミだが、秋が似合う蝶である。↓
f0211980_21595031.jpg


クロツバメシジミ  ツメレンゲは花穂もでていない。ここの本種の翅裏は若干黄色味を帯びるように思う。関西で見る本種は灰褐色であることが多い。↓
f0211980_2203967.jpg


クロツバメシジミ  残照を浴びながらV字開翅する♀。↓
f0211980_2204660.jpg

[PR]
by temenos | 2014-08-26 22:20 | 2014年 | Comments(1)
Commented by yoda-1 at 2015-03-07 03:48
こんにちは。
ご無沙汰しております。
突然のコメントで失礼しますが、
ここに登場しているヘリグロ?は2枚とも
スジグロチャバネセセリ♀雌です。