ぶらり探蝶記

横浜の里山で初夏を楽しむ

5月24日 天気が1日持ちそうだったので、10時前から思い立ってフィールドへ出かける。向かった先は横浜の里山保全に積極的に取り組まれている地区である。ここを訪れるのは4年ぶり、今年は季節の進展が早いため平地性のゼフが目的である。林道上には吸水に降りたテングチョウ・ウラギンシジミ・ルリシジミがたくさん。気づかず踏み込むと水色の紙ふぶきのようにルリシジミが飛び交い、とても綺麗である。新生のヒオドシチョウを見る、やや羽化不全のため弱弱しく飛び去る。咲き始めたクリの花にはアカシジミ・ウラナミアカシジミが多い。クワの葉に止まるアカボシゴマダラの春型を撮影する。コチャバネセセリ初見。針葉樹の林内にはコジャノメが追尾飛翔に忙しい。イボタの周辺でウラゴマダラシジミが飛び始める。イボタの花にはイチモンジチョウ・ルリシジミ・ヒメウラナミジャノメ・ダイミョウセセリ・スジグロシロチョウが吸蜜に来ているも、肝心のウラゴは活動時間に入ったため止まらず飛び続ける。ようやく1頭が止まり開翅してくれたが、角度がイマイチ。オオミドリやミドリシジミ・ミズイロオナガシジミには出会わず。

アカシジミ  咲き始めたクリの花に多数の本種が吸蜜にきていた。↓
f0211980_212548100.jpg


アカシジミ  吸蜜が終わると夕刻の活動に備えて下草で休む。↓
f0211980_21261476.jpg


アカシジミ  かなりのスレ・破損個体もいたが、こちらは新鮮。↓
f0211980_21263350.jpg


ウラナミアカシジミ  クリの木の近くの灌木にたたずむ。↓
f0211980_21265894.jpg


ウラナミアカシジミ  クリの花で吸蜜する。↓
f0211980_2127162.jpg


ウラナミアカシジミ  クリの葉陰で休息する。↓
f0211980_21274363.jpg


ウラナミアカシジミ  下草のクズの新芽に止まる。↓
f0211980_21275678.jpg


ウラゴマダラシジミ  ようやくイボタに止まった。↓
f0211980_21281677.jpg


ウラゴマダラシジミ  少し飛び移って開翅する。↓
f0211980_21284440.jpg


アカボシゴマダラ  クワの葉で開翅する春型。↓
f0211980_2129674.jpg


ヒオドシチョウ  やや羽化不全、ぎこちなく飛び去る。↓
f0211980_21293036.jpg


イチモンジチョウ  林道で開翅する。↓
f0211980_21295359.jpg

[PR]
by temenos | 2015-05-24 21:42 | 2015年 | Comments(0)