ぶらり探蝶記

秋更くる

11月1日  気持ちいい秋空が広がった11月初日。自宅近くの河川敷を散策する。コセンダングサも花期は終わりに近く、いわゆるヒッツキムシがいっぱい。河川敷では普通種たちが、更け行く秋を彩る。キタキチョウ・ヤマトシジミ・ヒメアカタテハが主役、たくさん飛び交っている。これにキタテハ・ツマグロヒョウモン・ベニシジミ・モンシロチョウ・モンキチョウ・チャバネセセリが加わる。ウラナミシジミは少数のスレ個体を見るのみ。ヤマトシジミの低温期型♀を探すも見つからず。イチモンジセセリは1頭も見かけず。色づき始めたエノキの葉にゴマダラチョウの幼虫を見る。

キタテハ
f0211980_21595884.jpg


キタテハ
f0211980_2201572.jpg


ヒメアカタテハ
f0211980_220307.jpg


ヒメアカタテハ
f0211980_2204185.jpg


ウラナミシジミ
f0211980_221589.jpg


ベニシジミ
f0211980_2212511.jpg


ベニシジミ
f0211980_2213863.jpg


ベニシジミ
f0211980_2215144.jpg


モンキチョウ
f0211980_2221281.jpg


モンシロチョウ
f0211980_2223210.jpg


モンシロチョウ
f0211980_2224468.jpg


ゴマダラチョウ
f0211980_223025.jpg

[PR]
by temenos | 2015-11-05 22:06 | 2015年 | Comments(0)