ぶらり探蝶記

晩秋のベニシジミ

11月21日 天気予報では晴れるのは今日だけ、紅葉目当てに東美濃の山あいを探索する。恵那峡では、奇岩怪石を背景に軽やかに滑空するヒオドシチョウを見る。テングチョウやキタキチョウを各地で見る。流石に数的には寂しくなってきた。阿木川ダムの湖畔ではキタキチョウとイチモンジセセリを見る。湖畔のススキに止まるベニシジミは格好の被写体だが、蝶撮影用の機材を持ってきておらず、スナップ用のコンデジで何とか撮影するも、やはり出来はイマイチか。少し標高を上げると紅葉も終盤、蝶のシーズンもラストステージである。

ベニシジミ  日が傾きかけた湖畔のススキに止まる。↓
f0211980_1955442.jpg


ベニシジミ  ススキで日光浴を始める。↓
f0211980_19555634.jpg


ベニシジミ  同上。↓
f0211980_1956777.jpg

[PR]
by temenos | 2015-11-24 20:00 | 2015年 | Comments(2)
Commented by LUFFYY at 2015-11-24 20:21
ナイスショット!!!
Commented by temenos at 2015-11-28 17:48
LUFFYYさん
ちゃんとカメラを持ち歩かなければと思った日でした。