ぶらり探蝶記

季節の流れは早く

4月23日24日  朝一番の特急で信州へ向かう。途中、友人と合流して低標高地のヒメギフのポイントへ。いただいていた事前情報どおり、カタクリはほぼ終了しており綺麗に咲いているのはほんの数株。当然、ヒメギフも大スレかボロで個体数も少ない。数カット撮影したが、粘るのは時間の無駄と判断し、高標高地へ向かう。カラマツ林の林床のカタクリはいい感じ。期待通り多くのヒメギフが舞うが、ここもスレ個体がほとんど。求愛から交尾を観察する。天気予報どおり、雲が広がり飛ばなくなったのでこの日は撤収。高標高地でも発生開始から時間を経ているようなので、24日はフライング覚悟で白馬のポイントへ向かう。9時前現地着、なんと桜もカタクリも満開。イエローバンドも出ているとのこと。例年より2週間ほど季節の進展が早いようだ。ところが、天気予報とは裏腹に、雲がべったりと空を覆う。天気の回復を粘り強く待つ。薄日が続くようになると、ギフやヒメギフが樹上から舞い降りてくるが、気温が低いせいか活発でなくすぐに樹上に舞い上がってしまう。出てくる個体数も少ない。再び厚い雲が空を覆ったため、13時半撤収する。


ヒメギフチョウ  カタクリで吸蜜。蝶も花も少し色あせている。
f0211980_2157823.jpg


ヒメギフチョウ  カタクリよりスミレにやってくることの方が多かった。
f0211980_21572810.jpg


ヒメギフチョウ  交尾成立後、フラフラ飛んで枝に止まる。
f0211980_21574611.jpg


ヒメギフチョウ  交尾終了間際、♂は交尾嚢を作るため盛んに腹を動かす。右は♀。
f0211980_21575936.jpg


ヒメギフチョウ  少し寒かった24日、地面で日光浴をする。
f0211980_220088.jpg


ギフチョウ  カタクリにやってきた新鮮な個体。残念ながらノーマルタイプ。
f0211980_2203757.jpg


コツバメ  八重咲きの椿に止まる。少しだけ幻光がでている。
f0211980_2205298.jpg


カタクリ
f0211980_221681.jpg


キクザキイチゲ
f0211980_2211931.jpg


オツネントンボ  こんな状態で越冬していたのだろうか。
f0211980_221503.jpg

[PR]
by temenos | 2016-04-24 22:11 | 2016年