ぶらり探蝶記

一人きりで

5月15日  前日に信州入り、早朝から北アルプスを目指す。今日は何があってもクモツキ一本と心に決める。発生が早かった今季は、低標高地は発生後期であり人ごみの有名ポイントを避け、一人標高を稼ぐ。快晴、気温高くハタザオもいい感じで咲いている。周りに撮影者の姿なく、今日はもらったとほくそ笑みながらハタザオの前で待つ。しかしながら、クモツキおろか蝶が全く飛ばない。まさかの未発生のようだ。1時間ほどで失意のうちに下山を決め、低標高地のポイントへ向かう。撮影者の多いポイントを避け、一人周辺を探索する。ここでようやくクモツキに出会う。♀は次々に現れるが、時期的に♂は計3頭見たのみ。♀の産卵を撮影する。そうこうするうちに高山にガスがかかり始め、太陽が顔を隠す。クモツキの♀は早々に活動を停止する。♂はしばらく飛んでいたが、こちらも活動を停止。おそらく今日はもう活動しないだろう。ここぞとばかり撮影する。一人きりで、遊んでくれたクモツキは数頭。思ったような写真は撮れなかったが、いつもと違う状況に感謝しながら帰路に就いた。


以下 クモマツマキチョウ
ハタザオに産卵。
f0211980_20373637.jpg


ハタザオに産卵。
f0211980_2037513.jpg


錆びたガードレール脇を飛ぶ♀。
f0211980_2038623.jpg


活動を停止した♀。
f0211980_20381682.jpg


休止した♀を順光で。
f0211980_20383023.jpg


こちらは逆光で。
f0211980_20385657.jpg


石垣に生えたハタザオにやってきた♂。
f0211980_20392470.jpg


吸蜜する♂。
f0211980_20395378.jpg


吸蜜する♂。遠目にしか撮影できなかった。
f0211980_20402894.jpg


活動を停止した♂。
f0211980_20404516.jpg


少し逆光気味に。
f0211980_20405965.jpg


曇り空で背景がはっきりせず、広角としては不十分。
f0211980_20411628.jpg

[PR]
by temenos | 2016-05-16 20:50 | 2016年 | Comments(0)