ぶらり探蝶記

瑞々しい季節

6月4日  本格的にゼフシーズンに突入した。早朝からクロミドリの生息地に向かう。ポイントには誰もいない。一人9mのアユ竿でクヌギの大木の枝を叩いて回るも、飛び出すのはミズイロオナガシジミとアカシジミばかり。ようやく1頭のクロミドリ♂を見るが、樹冠に舞い上がってしまう。少し早かったのか?発生数が少ないのか?結局、クロミドリを諦めミドリシジミのポイントに向かう。放棄された水田に無数のハンノキ幼木が生えており、ここにミドリシジミが降りてきている。幼木の高さは膝あたりまでなので、撮影には大変都合がよい。幼木には♀が数頭、ハンノキを叩いても出てくるのは♀ばかり。後から来られた地元の方に伺うと、昨日までは♂も沢山いたのだが、採集者が♂ばかり採り尽したようだとのこと。それでも比較的綺麗な♀の撮影を楽しんだ。この後、再び西三河の里山を探索するも目ぼしい蝶は現れず。


アカシジミ
f0211980_20442394.jpg


ウラナミアカシジミ
f0211980_20443221.jpg


ミズイロオナガシジミ
f0211980_20444274.jpg


ミドリシジミ♀
f0211980_20445677.jpg


ミドリシジミ♀AB型
f0211980_2045545.jpg


ミドリシジミ♀AB型
f0211980_20451458.jpg


ミドリシジミ♀B型
f0211980_20452572.jpg


ミドリシジミ♀B型
f0211980_20453595.jpg


ミドリシジミ♀O型  うっすらとB班がでているが、、。こういうのは判断に迷う。
f0211980_20454524.jpg


ウラギンシジミ♂ 夏型
f0211980_20455821.jpg


クロヒカゲ
f0211980_2046761.jpg

[PR]
by temenos | 2016-06-07 20:48 | 2016年 | Comments(0)