ぶらり探蝶記

里山の原風景に佇む

6月11日 昨年同様、朝一番の新幹線で中越に向かう。レンタカーを借り、ポイントへは9時前に到着。水田脇のデワノトネリコの葉は食痕が多い。そこかしこにチョウセンアカシジミが止っている。今が盛期であろう、少し木をゆするとワッとおびただしい数が飛び出す。これが蛾だったらトネリコの害虫大発生と騒がれるかもしれないくらいの数の多さである。快晴で時間的にも開翅は望めず、ポイントを移動する。途中、何か所かトネリコのある場所で探索する。木によって発生数はバラバラのようである。各地でウラギンヒョウモンが多い。2か所めのポイントでは、ウラキンシジミやウラクロシジミ、アカシジミ、ウラナミアカシジミ、オオミドリシジミなどが暑さを避けて雑木林の林床に止まっていた。アカシジミやウラナミアカシジミ、ウラクロシジミはスレ個体であった。鹿の食害のない雑木林の林内では、下草が適度に生い茂り良好な環境だ。クモガタヒョウモン、ミドリヒョウモン、メスグロヒョウモンの♀も林内で見かける。今年初めてアカショウビンの鳴き声を聞く。


チョウセンアカシジミ♂
f0211980_22103449.jpg


チョウセンアカシジミ♀
f0211980_22105514.jpg


チョウセンアカシジミ♀
f0211980_22111170.jpg


チョウセンアカシジミ♀
f0211980_22113228.jpg


チョウセンアカシジミ♂
f0211980_22114933.jpg


チョウセンアカシジミ♀
f0211980_2212860.jpg


ウラキンシジミ♂
f0211980_22122671.jpg


ウラクロシジミ♂
f0211980_22124783.jpg


ウラクロシジミ♂
f0211980_2213165.jpg


オオミドリシジミ♀
f0211980_22132390.jpg


ゴイシシジミ
f0211980_22134220.jpg


ゴイシシジミ
f0211980_22135762.jpg


クモガタヒョウモン♀
f0211980_22141521.jpg


ミドリヒョウモン♀
f0211980_22143076.jpg

[PR]
by temenos | 2016-06-11 22:18 | 2016年