ぶらり探蝶記

梅雨空の安曇野

7月3日 長野県北部は大雨の予報、塩尻からみた高標高地はガスの中。予定を変更して、かろうじて天気が持ちそうな安曇野を散策することにする。小雨がパラつく中、まずはクロツバメシジミの生息地を訪れる。狭い範囲を第2化のクロツバメシジミが沢山飛んでいる。大好きな蝶だけに、見ているだけで嬉しくなる。ただ、雲行がどんどんやばくなってきたので長居はせずポイントを変える。ザーと雨が来たかと思えば、晴れ間がでたり不安定な天候の中でも多くのオオムラサキがテリ張りや探雌飛行に忙しい。かなりの雨が来ても、気にせず?テリ張りや追尾飛翔を繰り返す。散策路を歩くと、今年もミヤマカラスシジミがいっぱい。交尾ペアを撮影する。オニグルミを叩くと、オナガシジミが飛び出す。尾錠突起を喪失した個体もいて、改めて発生の早さを感じる。林内で新鮮なクモガタヒョウモンとメスグロヒョウモンを見る。ニイニイゼミが盛んに鳴き、盛夏の訪れを告げる蝶、ジャノメチョウも複数飛び出し、夏が来たことを感じさせてくれる。天気予報を気にせず、無理して来てよかったと感じた二日間であった。

クロツバメシジミ♂
f0211980_2273991.jpg


クロツバメシジミ♀
f0211980_2275042.jpg


クロツバメシジミ♂
f0211980_228373.jpg


クロツバメシジミ♀
f0211980_2281561.jpg


オオムラサキ♂
f0211980_228271.jpg


オオムラサキ♂
f0211980_2283848.jpg


オオムラサキ求愛
f0211980_2285078.jpg


ミヤマカラスシジミ♀
f0211980_229974.jpg


ミヤマカラスシジミ♂
f0211980_2292058.jpg


ミヤマカラスシジミ交尾
f0211980_2293252.jpg


オナガシジミ♂
f0211980_2294468.jpg


オナガシジミ♂
f0211980_2295535.jpg


ジャノメチョウ♂
f0211980_22101175.jpg


クモガタヒョウモン♂
f0211980_22102245.jpg


メスグロヒョウモン♂
f0211980_22103210.jpg

[PR]
by temenos | 2016-07-05 22:16 | 2016年 | Comments(0)