ぶらり探蝶記

雲の上に

7月31日 忘れることができない一週間を過ごした。一週間前の今日の出来事を思い出しながら電車に揺られ、信州にたどり着く。同じく悲しみの時を過ごした友人と合流し高原を訪れる。青い空に白い雲、まさに夏空。夏の白い風が草花をなで、季節が何事もなかったように流れていくのに無情を感じる。それでも蝶を目の前にすると夢中で追いかけている自分がいる。ゴマシジミは早くも最盛期のようだ。交尾ペアやそれにちょっかいをかける♂、♀の産卵行動を観察する。林縁ではムモンアカシジミが多数飛び交っている。こちらも早くも最盛期、多い時で4頭の卍飛翔を見る。汗だくになりながら、蝶を追い、シャッターを押し、モニターで確認し、多くの撮影仲間と賑やかしく過ごしながら、「今年はムモンアカも多いですよ」と心の中で呼びかけ、「おい、ちょっと状況を教えてくれよ」と永遠にかかってこない電話を待つ。時は過ぎ、やがてまた巡りくる夏、夏、夏。これからは何を思って夏を迎えていくのだろう。


ゴマシジミ
f0211980_21523187.jpg


ゴマシジミ
f0211980_2152522.jpg


ゴマシジミ
f0211980_21531026.jpg


ゴマシジミ
f0211980_21532776.jpg


ムモンアカシジミ
f0211980_21534874.jpg


ムモンアカシジミ
f0211980_2154374.jpg


ムモンアカシジミ
f0211980_21542053.jpg


ムモンアカシジミ
f0211980_21543659.jpg


ムモンアカシジミ
f0211980_2154502.jpg


スジグロチャバネセセリ
f0211980_2155539.jpg


オオミスジ
f0211980_21551940.jpg


オナガシジミ
f0211980_21553578.jpg


コジャノメ
f0211980_21554927.jpg

[PR]
by temenos | 2016-08-02 22:01 | 2016年 | Comments(2)
Commented by さっちゃん♪ at 2016-08-03 13:47 x
こんにちは
私も18年前友人から思い出がいっぱい詰まった『玉手箱』を頂きました。
ブログを拝見しそのことを伝えたくなりました。
軽々しい言葉はかけれないけれど・・・
伝わるものがありました
             合掌
Commented by temenos at 2016-08-03 20:00
さっちゃんさん、コメントありがとうございました。
あの時、こうしていたらとか何故あの時こうしなかったんだろうなど、今更考えても仕方がないのですが、どうしても頭から離れない状態でした。仕事・趣味など全力で駆け抜けてこられ、大きな影響をいただいた偉大な先輩に感謝です。今でも「今週どうする?」と電話が来るのを待っています。