ぶらり探蝶記

避暑

8月12日・13日  日頃の罪滅ぼし、家族旅行を兼ねて木曽谷から開田高原、乗鞍岳を廻る。寝覚めの床で、奇岩で吸水する新鮮なヒカゲチョウを撮影し、開田高原に向かう。しかし、開田高原では蝶が少ない。例年なら沢山飛び交うヒョウモン類も異常に少ない。スジボソヤマキチョウも1頭みただけ。サカハチチョウ夏型、コムラサキを見る。沢山飛んでいるのはモンキチョウとスジグロシロチョウだけ。昼食後、奈川から乗鞍スーパー林道を経由して乗鞍高原に向かう。高原内のマツムシソウの群落に踏み入るも、飛んでいるはボロボロのコキマダラセセリとアカセセリだけ。期待したクジャクチョウはただの1頭も見かけない。明日に期待して宿に入る。宿は期待以上、乳白色の温泉、食べきれない程の山の幸の夕食に大満足。翌朝、行き先の選択で上高地と乗鞍岳で意見が割れたが、家族が行ったことのない乗鞍岳に決定し、バスで畳平に向かう。標高2700mの畳平では気温は20度に届かない。天候がすっきりしなかったせいなのか、お花畑ではスレスレのベニヒカゲを2頭見たのみ。2時間ほどの滞在で早々に下山し、乗鞍高原内を散策するも、やはり期待した蝶は全く現れず。蝶は残念な結果であったが、下界とは比較にならない涼しい気候の中、楽しい時間を過ごせた。


アサマイチモンジ
f0211980_2211293.jpg


キアゲハ
f0211980_2214339.jpg


アカセセリ
f0211980_2221290.jpg


アカセセリ
f0211980_2222986.jpg


コキマダラセセリ
f0211980_2224978.jpg


ヒカゲチョウ
f0211980_2231782.jpg


左からチングルマ、イワギキョウ、コウメバチソウ
f0211980_2234392.jpg


コマクサ
f0211980_2235657.jpg


雲湧く畳平
f0211980_2241143.jpg

[PR]
by temenos | 2016-08-18 22:07 | 2016年 | Comments(0)