「ほっ」と。キャンペーン

ぶらり探蝶記

炎天下

8月16日 うだるような暑さが続く中、久しぶりに自宅近くの河川敷に出てみる。いつものアキニレの樹液酒場は、今年もコムラサキ、ゴマダラチョウなどの常連客でにぎわっていたが、新顔のルリタテハも来ていた。クズの群落上ではウラナミシジミが元気に飛び回っている。ヒメアカタテハは、暑さに負けてか日陰で休んでいた。ヤブカラシの花でアオスジアゲハ、ツマグロヒョウモン、アレチハナガサでイチモンジセセリとチャバネセセリが吸蜜していた。河原に吸水にきていたのはアゲハ。標準ズームのワイド端で撮影する。アオスジアゲハはタンノ型であった。アゲハの飛翔撮影中、背景に小牧空港へ着陸する航空機が写り込んでいた。鉄橋もバックに入れていたのだが、残念ながら電車は通過しておらず、蝶・航空機・電車の三点セットの撮影は叶わず。


ヒメアカタテハ
f0211980_2265522.jpg


アオスジアゲハ(タンノ型)
f0211980_227869.jpg


アオスジアゲハ(タンノ型)
f0211980_2272388.jpg


アオスジアゲハ(タンノ型)
f0211980_2273912.jpg


アオスジアゲハ(タンノ型)
f0211980_2275197.jpg


アゲハ
f0211980_2282683.jpg


アゲハ
f0211980_2283983.jpg


アゲハ
f0211980_2285478.jpg

[PR]
by temenos | 2016-08-20 22:14 | 2016年 | Comments(0)