ぶらり探蝶記

初夏の知多半島

5月21日 初夏にしては厳しい暑さ、早朝から知多半島をぐるりと廻り、この時期の風物詩ともいえる蝶たちを探した。まずはクロコムラサキ。出始めなのかコムラサキそのものの数が少ない。この日、確認した黒色型は♂2頭、♀1頭。いつもながらクロコムラサキの♂は近くに来てくれず、近くに来た♀も密集した葉の中で開翅したため、脚立に乗っても角度を変えても全て葉かぶり。オオムラサキと間違うような巨大なゴマダラチョウを見る。暑さに耐えきれず、ミカドアゲハに拝謁を賜りに向かう。相変わらず採集者が多く、トベラの花の前では撮影できない。こっそり秘密の場所に向かう。今年はミカンの花が少なく、地面のシロツメクサで吸蜜する個体をじっくり撮影する。その後一気に南下し、イボタの木の周りを探してみる。出始めなのか、きわめて新鮮なウラゴマダラシジミに出会う。残念ながら開翅してくれず、茂みの奥に飛び去る。そろそろアカシジミなども飛び始める頃、心躍る季節の到来を感じる。

コムラサキ
f0211980_2142916.jpg


コムラサキ
f0211980_21423631.jpg


コムラサキ
f0211980_2143125.jpg


コムラサキ(黒色型)
f0211980_2143304.jpg


コムラサキ(黒色型)
f0211980_21435754.jpg


コムラサキ(黒色型)
f0211980_21442887.jpg


ミカドアゲハ
f0211980_21445748.jpg


ミカドアゲハ
f0211980_21451599.jpg


ミカドアゲハ
f0211980_2145382.jpg


ミカドアゲハ
f0211980_2146379.jpg


ミカドアゲハ
f0211980_21462595.jpg


ウラゴマダラシジミ
f0211980_21464830.jpg


サトキマダラヒカゲ
f0211980_214795.jpg

[PR]
by temenos | 2017-05-24 21:51 | 2017年 | Comments(2)
Commented by yurinBD at 2017-05-25 00:00
シロツメクサで吸蜜するミカドアゲハ、綺麗ですね!
私もミカドアゲハに拝謁を賜りたく知多と伊勢で迷ったのですが、伊勢に行ってきました。
知多での撮影は周辺環境を熟知していないとなかなか厳しそうですが、シロツメクサのように低い位置での吸蜜が撮れるというのは良いですね!
これから楽しみなシーズンになりますね。
Commented by temenos at 2017-05-25 23:16
yurinBDさん
コメントありがとうございます。
知多半島のポイントは比較的近くに多くの個体が来てくれますが、網を持って待ち構えている人も多く、今年のように吸蜜花が少ないときは撮影は困難です。少しずつ周辺部にも広がっているようなので、数は少ないながらmy pointが見つかると、ミカド様は独り占めできます。